ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

納豆の大ドンブリ」 みんなの声

納豆の大ドンブリ 作:穂村弘
絵:寺門孝之
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784265052653
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 鬼の家族劇場

    様々な歌人の短歌を集めながら、鬼の家族の絵でまとめられているので、とても統一感のある短歌絵本になっています。
    タイトルの「納豆」も素晴らしく、粘りけのある本だと思います。
    多少分かりにくい短歌でも、絵が解説してくれているようで、親しみの持てる絵本です。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 強烈で、斬新で、楽しいイラスト。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    穂村さんの編集されたもう一つの短歌絵本「そこにいますか」を読んだら巻末にこのシリーズは5冊あることを知って、なおかつ「納豆の大ドンブリ」などと、ふざけているのか大真面目なのかわからないような題名の作品があったので、こちらも探してきました。

    こちらは地門孝之さんというイラストレーターの方が絵を担当していました。あまり聞いたことないな、と思って後書きをみると、絵本で携わっている作品はほとんどないようでした。

    でも、その強烈なイラスト!斬新でびっくりで、楽しかったです。
    「短歌絵本だよ」と言っているのに、イラストに惹かれて中学生の上の子は読み始めました。

    題名に「家族の」と、あるだけに家族にちなんだ短歌が多く選ばれていました。でも中でも強烈な印象だったのは
    『では、がんばりましょうねえと おばあちゃんが手をあげて降りていった夕焼け』(歌人:飯田有子)
    飯田有子さんについて、少し解説が載ってました。最近の人です(変な言い方ですみません)!!そして、胸にストンと、落ちてくる短歌でした。

    ちなみに、中学生の娘は北原白秋の作品に興味を持っていました。
    『父の背に石鹸(シャボン)つけつつ母のこと 吾が訊いている月夜にこほろぎ(こおろぎ)』
    子どものくせに、北原白秋に短歌に目をつけるとは、曲者です…。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット