だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

なきすぎてはいけない」 みんなの声

なきすぎてはいけない 作:内田 麟太郎
絵:たかす かずみ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784265070237
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,482
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 孫 を思う 深い 愛情

     亡くなったおじいちゃんから孫息子へのメッセージと、読みました。
     
     おじいちゃん大好きで、たくさんの楽しい時間を過ごしてきた孫が、祖父を失った悲しみや寂しさと、どう向き合えば良いか孫を思う深い愛情で述べられています。
     
     わすれていい わたしのことは
     わすれたくても わすれられないのだから
     
     でも ときは わすれさせてくれる
     それは やさしい いのちのしくみ

     というページに、美しい言葉だと思いました。
     次ページから、残った者へ生きていく勇気を与えてくれるメッセージだと思いました。

     絵が、命について語るのにふさわしい優しい色合いで、落ち着いて読めました。
     帽子にとまった、赤とんぼが印象的でした。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    3
  • そうはいっても♪

    寝る前の読み聞かせは、主人の担当です。
    涙もろいヒトなので、ときどき『感動モノ』を借りてきては、内容の予告なしに読んでもらい、反応を見るのが楽しみだったりします(悪)

    さて、今回はどうだったかと言えば、途中で
    「もう、読めないっ!」と本を放り出しました!
    と言う私も、主人が読む内容を横で聞いていて、うるっときていたので
    可笑しいのと、感動とで、変な顔になってしまいました。

    読み聞かされている5歳児は、「??」と不思議そう。
    「泣かないで。がんばってよんで」と励ましていました。

    祖父と孫との関わりを描いた本ですが、主人は、自分と息子との
    これから先訪れる別れに思いを馳せてしまったと、赤い目で言っていました。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • おとなになる時に読んで欲しいです

    内田麟太郎さんの「ともだち」シリーズも優しさいっぱい感じますが、この「なきすぎてはいけない」は本当に優しい気持ちになります。そして悲しい涙とも違った涙が出ました。
    祖父から孫とありましたが、亡くなった人からのメッセージとして読みました。本当にそうなんだと思いました。この言葉に勇気づけられました。そしてこのおじいさんのように、ゆったり見守っている人になりたいとも思いました。

    絵もぴったりでした。どうしてこう季節や雨を感じたり、雨の音が聞こえてくるような絵が描けるのでしょうか。内容と共に「ありがとう」と思いました。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • さみしい気持ちではなく・・・。

     私も主人も子供達が産まれる前に父親を亡くしました。おじいちゃんが僕にはいないから・・・と物心ついたときに、ぽつんと長男が言ったこと、今でも忘れません。でも、「おじいちゃんがいないわけじゃないんだよ。」と私と主人の父の話を色々な場面で話して聞かせていました。このお話を読んで、きっと私たちの亡くなった父も、同じ気持ちで息子たちのことを見守ってくれているんだろうな・・・と思いました。
     さみしい気持ちになるのではなく、不思議と幸せな気持ちや勇気をいただけた絵本でした。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 素直に泣いてもいいんだと思えます

    小2の子供が夜になると「死」について考え込むようになりがちになったのをきっかけに「死」をテーマにした絵本を探して辿りつきました。
    まだ実際に子供には読んでいませんが、読み時を選んで是非読んであげたいと思った一冊です。

    泣きすぎてはいけないけれど、素直に泣いてもいいんだと受け入れられる、終始優しさを感じられる絵本でした。
    絵もとても雰囲気があっていて、開いて閉じる間、ずっとその優しい雰囲気にふんわり包まれている気持ちになりました。

    今回、うちの子供に読んであげるにはまた違う印象ですが、これは是非読み時を考えて読んであげたいと思います。

    掲載日:2014/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまには泣きたい

    やわらかな表紙に惹かれて手に取りました。
    読んでわかったのですが
    これはなくなったおじいちゃんが孫にあてたメッセージですね。
    おじいちゃんは
    自分がなくなった後のことを想像し
    泣いてもいいけど
    泣きすぎてはいけないと語るのです。

    ふと、自分の祖父は、そんなことを考えていたのだろうか・・そして
    自分が年老いて、そんなことを考えるのだろうかと思いました。

    読みながら、いろんな人の立場になって考えてしまう
    しみじみとした一冊です。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供に読み聞かせましたが、おそらくピンとはこなかったでしょう。
    祖父母も健在で、まだ身近な人の死を経験していないので、難しいテーマだったかと思います。
    私のほうは、感動です。
    「ないてもいいけど なきすぎてはいけない」
    には、涙でした。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    小学生前の子供には少し難しいかな〜?
    子供や孫を想う気持ちがとてもキレイな絵本になったような感じです。
    挿絵の一つ一つが懐かしいような感じです。

    自分の小さい時、亡くなったおじいちゃんと手を繋いでスーパーまで行った事を久しぶりに思い出し、胸が熱くなりました!

    掲載日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天国からのエール

    天国からの励まし、応援メッセージのようです。
    震災で家族などを亡くした方々へも読んであげたい。

    「我慢しないで、泣いていいんだよ!」と慰められてきた日々。
    半年過ぎて、被災者も自立に向け立ち上がろうとしている。
    そんな時にこの絵本「なきすぎてはいけない」のタイトルは
    かなりのインパクトで胸に迫るだろう。
    天国でいつも見守ってくれていると気づき、再出発への勇気がわくはず。

    「ともだちや」シリーズと全く違う雰囲気、イメージで
    絵も優しく、東日本そのものにおもえた。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しみを昇華させて

     「泣いてはいけない」ではなく「泣きすぎてはいけない」というのが、よかったです。
     泣いて、悲しみを昇華させたときに、人は成長するんだなと思います。

     おじいさんが、孫に残していったことは、いつまでも心に生き続けるんだと思います。死別はつらいけれど、命のつながりも感じることができます。このような感情、子どもには、言葉だけではなかなか実感しにくいでしょうね。

     少しベールがかかったような絵が、お話にとても合っていました。
     表紙の、傘をもった二人の後ろ姿にしみじみしました。

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / わすれられないおくりもの / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット