大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

雨をよぶ龍」 みんなの声

雨をよぶ龍 作・絵:秋山 とも子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784494007462
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,685
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うるう年のお祭り

    小学三年生の単元で「つなひきのお祭り」というのがあります。

    息子が今勉強中でお祭りを調べてみましょうというのがあったので、絵本を借りてみました。

    四年ごとのお祭りということでまるでオリンピックのようですね。

    毎年でなくても龍を作る手順など皆さんがよく覚えてらして、大勢で作る様が圧巻でした。

    息子は3000キロというのに驚いていたようです。

    龍は確かに雨を呼ぶと言われています。

    毎年のお祭りというのはどこの土地にもありますが、四年ごというのが珍しかったです。

    その土地土地のお祭りの特徴、どんな経緯で始まったのかを知るのはとても興味深いことだと思いました。

    絵もとても見やすくてお祭りの熱気や活気が伝わってきました。

    お祭りの本をいろいろと読み比べると各地のいわれやその土地独特の風習にも触れられそうですね。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素材をつなぎ合わせると『龍』になる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    この絵本が出版されたのは2009年です。
    わたしは埼玉県民でありながら、ついこの間までこの本のことを知りませんでした。(たまたま、夏お薦めの本を検索していて出てきたのです)

    この作品では、埼玉県鶴ヶ島市で実際に4年に1回行われているお祭りの“龍蛇作り”を丁寧に描いてくれています。
    (内容の中で、龍を作っているシーンでちょっと細かい文字が書かれている部分が出てきますが、こういうところは、読み聞かせなどで使うときは、端折っておいて、ストーリーの部分のみ読めば問題ありません)
    また、高学年や中学生・高校生などには、『お祭り』をテーマにブックトークなどに使うのも面白いかもしれません。

    こういう作品を読むと、実際にその土地へ行って、自分の目で見てみたくなります。
    最初にこの“龍蛇(リュウダ)”を考えた人って、すごいです。こういう素材をつなぎ合わせるとほんとに龍に見えてくるから不思議です!
    いい作品です。
    ぜひ、お手に取って声に出して読んでみてください。夏の暑さや町の歓声が聞こえてくるような気分になります。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4年に1度

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    4年に一度の雨乞い。
    これは本当にある地域のお話なんですね。
    地域が一丸となってひとつのことをやる機械ってそう頻繁にあるわけではないと思います。
    多くの人の手によってなされているんだねとこどもと言いながら読みました。
    こういう伝統も一度やめてしまうと廃れるのはあっという間な気がします。せっかくの伝統、続いていってほしいですね。

    掲載日:2014/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 埼玉県鶴ヶ島で4年に一度行われる雨乞いの行事だそうです。
    お祭りのことは初めて知ったのですが、秋山さんならではの細かさで描かれると、本当にお祭りを見ているような気になりました。
    多くの人が関わって作る巨大な龍。
    作り始めから、当日の行進とドキュメンタリーのように展開されていきます。
    これも秋山さんならではなのですが、街並みを俯瞰した絵が、鶴ヶ島の雰囲気を伝えています。
    教科書のような構成には脱帽ですが、お祭りそのものの知識がなかっただけに、それ以上の興味が出てこないのが残念。

    掲載日:2012/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨乞いの祭りって

    ひとつのお祭りの準備から催行まで丁寧に描いてありました。
    雨乞いというものに興味があったのですが、神主さんや巫女さんが祝詞を唱えてムニャムニャムニャというイメージだったけど、こんなスケールの大きいことをやるんだ〜。
    お年寄りは知恵を、子どもは引き継いで、皆で一丸となって町をあげての雨乞い。熱気が伝わってきました。

    わかりやすく精巧でした。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨乞行事

    埼玉県鶴ヶ島市脚折(すねおり)地区で、4年に1度(オリンピックのある年です)、8月に行われる雨乞の行事を、丁寧に分かりやすく描いた絵本です。

    長さ36メートル、重さが3トンもある龍蛇(りゅうだ)を担いで練り歩き、最後には池の中に入って降雨や五穀豊穣を祈願するのです。
    クライマックスの龍蛇が池に入る様子は、とても迫力があります。

    実は私、この地区のすぐ近くに住んでいた事があるのです。
    とはいえ、地元出身ではなく雨乞行事についても詳しくは知りませんでした。
    こんな事をするんだ、あの道を通るんだと思いながら絵本を読みました。
    住んでいた時にも雨乞行事があったのに、帰省していて見られなかったのが残念です。

    ぜひ一度見に行ってみたいと思います。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋山とも子さん

    秋山とも子さんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。伝統を大切にする人々の心がひしひしと伝わってくるのが良かったです。子供のころから素晴らしい環境で育つこの町の子供達は幸せ者だと思いました。感謝の気持ちを忘れない為に皆で協力して竜を作る姿に感動しました。物作りの楽しさも感じる事が出来ました。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 受け継がれる伝統行事

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    4年に1度、埼玉県鶴ヶ島市で行われる雨ごい、「脚折(すねおり)の雨ごい」を絵本化したものです。
    当日使われるのが、この表紙にも登場する巨大な竜。
    なんと重さが3000キロもあるそうです。

    この龍を作るところから、行事の当日の様子まで描かれていますが、町のみんなで協力し、昔からの伝統を守ろうとする姿に心打たれました。
    長く続けるということは、簡単なようで実はとても難しいもの。
    しかもこれだけのものを作り上げ、進行するのは、多くの人の手がかかります。
    世の中いろいろ便利になりすぎて、手を抜くのが上手になった私たちですが、こうした伝統や文化は守っていきたいものだと思いました。

    絵本からもこの行事の迫力が伝わってきますが、実物も1度見てみたいと思ってしまいます。
    横から「ワニ?」と言って見ていた娘は、多分ほら貝の大きな音に負けてしまうでしょうから、もうちょっと大きくなってからかな。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット