あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

しりとりのくに」 みんなの声

しりとりのくに 作・絵:深見 春夫
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784569689487
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「しりとりのくに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 腕力ではなく頭脳で切り抜けられる子に。

    息子が4歳のころ、ちょうどしりとりにはまっていたので、読んでみたところ、とても楽しかったようです。
    しりとりを完成させないと出られないという「しりとりの国」に入ったカナちゃん。次々と難題をクリアしながら、しりとりを続けていきます。
    まず、設定がおもしろいです。しりとり一つでよくぞここまでストーリーが膨らむものかと感心してしまいます。
    そして、次々と襲いかかるピンチを危機一髪というところでクリアしていくパターンで、始終ハラハラドキドキさせられます。
    ピンチを腕力で切り抜けるのではなく、頭脳で切り抜けるという設定もいいですね。
    できればそういう子どもに育ってほしいという願いも込めて星5つです。

    掲載日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとり大好き

    このお話はしりとりの大好きな女の子が主人公のお話でした。カナちゃんという女の子なのですが、しりとりが得意なのでしりとりの国というヘンテコな国にも物おじせずに入っていきました。そこでいろいろなしりとりに挑戦して、楽しそうにしている姿がかわいかったです。うちの子もしりとり好きなのでこのしりとりの国に行ってみたいな〜って言っていました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気楽に楽しくよめる深見さん♪

    大きめの文字ではありますが、全78ページ。
    読みきかせるにも、そこそこの時間がかかります。
    でも、読む方も聞く方も、まったく疲れないんです!
    娘が4歳の時に読んだ、深見さんの他の児童書の時も、
    同じことを感じました。

    『しりとりのくに』に迷い込んだカナちゃん。
    しりとりしながらの大冒険は、
    テーマパークのアトラクションみたいなイメージ☆
    この大冒険としりとりが、どんなふうに絡むのか・・・。
    是非、読んで欲しいです!

    気楽に楽しくよめる深見さん♪
    自分で読む初めての児童書としても、オススメです!

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとりの冒険

    「しりとり」が好きな息子が、図書館で借りてきました。

    しりとりに自信のある主人公、かなちゃんが、しりとりの国で冒険するお話です。

    〇3文字以上の言葉である事
    〇「ん」で終わる名前はダメ

    というルールで、どんどん進んでいきます。
    ハラハラ・ドキドキの内容にアッという間に読み終えた、息子。

    1年生でも楽しんで最後まで読める本だと思います!!

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいしりとり!

    しりとりが大好きな息子の為に、図書館で借りました。

    主人公のかなちゃんは、しりとりのくにへ遊びに行きます。
    3文字以上で「ん」で終わらない言葉を考えて、次へ進んでいきます。
    最初の「あ」の文字で、かなちゃんはどんな言葉をいうのかな?と思ったら「あんこ」でした。
    そして、かなちゃんはあんこに乗って先へ進みます。
    あんこに乗るってすごい発想&絵。
    息子は大爆笑でした。

    そうして、最後までしりとりは続きます。
    息子もかなちゃんと一緒に、しりとり合戦を楽しみました。
    とっても楽しいしりとり物語でした。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次々に起こる大ピンチ!!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    しりとりの国はとても怖い国。
    しりとりに自信がないと大変なことに!!
    次から次へと起こる大ピンチに、しりとりをしながら乗り越えていきます。

    しりとりをしながら冒険っておもしろい発想ですね^^
    子供たちも一緒にしりとりをしながら読み進めました。
    とにかく次から次へと大ピンチが起こり、その度に「○○だって!」「○○は?」と自分なりのしりとりを言っては力が入っていた子供たち。
    しりとりはよくしてるもんね^^
    楽しめました♪

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとりの冒険

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    「しりとりのくに」に入った女の子カナちゃん。
    しりとりが完成できないと外へ出られないと大王に言われますが、自信満々。
    果たしてカナちゃんは無事にしりとりを完成することができるのでしょうか。

    しりとりで答えに出すものが目の前に現れる不思議なしりとりの国。
    次々と襲ってくるピンチを、しりとりでうまく乗り越えていく展開が楽しいです。

    小学低学年から楽しめるこの童話。
    一緒にしりとりを考えながら、カナちゃんと冒険する気分を味わえるのではないでしょうか。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット