すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

ねこのティンカ」 みんなの声

ねこのティンカ 作:ピエール・コラン
絵:マリー・ジョゼ・サクレ
訳:木本 栄
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784893172891
評価スコア 4
評価ランキング 20,392
みんなの声 総数 2
「ねこのティンカ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • のらねこ

    家族に引越しされて、今日まで飼い猫のティンカ。今日から、野良猫の

    ティンカ。車の中から泣き出している二人の子供たちを見送るティンカ

    の心細さを考えると可哀そうになります。きっと引越し先は、動物を飼

    えない事情があって、ティンカを置いてきぼりにして行ったのだと思い

    ました。ティンカが、前向きにその日その日を楽しんで生活していく逞

    しさに勇気をもらいました。やっぱり、人生は晴れの日ばかりではない

    し、落ち込んでいる時こそ、前向きに考えれるようにしたいと思いまし

    た。気持ちだけでも明るく持って前へ進んで行きたいとティンカから学

    んだ気がします。色彩がはっきりとしていて絵もよかったです。

    掲載日:2011/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • これでよかったの?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    きのうまでかいねこ、きょうからのらねこ。
    で始まるこのお話。
    飼い主は荷物をまとめてお引越しのようで、ねこのティンカは、おいていかれました。車に乗った男の子は、涙で、バイバイ…
    でも、ねこのティンカは、
    『めそめそなんかしていられない』
    と、ご近所のにわとり小屋に向かいます。

    まさか、こんなお話の展開になるとは思いませんでした。でも、実際に起こりうることなんでよね。与えられた運命をまっすぐに受け止め、たくましく生きていくことにしたティンカに、拍手です。
    登場する動物たちの描写が、なかなか面白いです。ちょっぴり悲しいはずのお話ですが、なんだか明るい気持ちで、乗り越えていける勇気を与えられました。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



困っているぼくのところに本物の神様が!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット