もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ウミウシ」 みんなの声

ウミウシ 作:中野理枝
写真:豊田 直之
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784834024463
評価スコア 4
評価ランキング 20,094
みんなの声 総数 4
「ウミウシ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しいけど

    美しい写真に惹かれてウミウシの写真集を図書館で借りたのがきっかけで、私も子どももウミウシについてもっと知りたいと思っていたときに、近所の本屋さんで、沖縄の本がいろいろおいてある所にこの絵本をみつけました。

    この絵本を読みながら、「ウミウシっ・・・えっーそうなの!」「ウミウシすごい!」と何度も子どもと一緒に驚かされました。知らない事を知るって面白いなあと、久しぶりに感動しました。

    ウミウシの写真集は図書館の本だったので、この『ウミウシ』はどうなのか気になったようで、『○○ちゃんの本だよ。』というと、自分の本になったことを「やったー!」とてもよろこんでいたのが印象的でした。

    「たくさんのふしぎ 傑作集」はいろいろなことについて本になっているようなので、これからも何か知りたいと思ったときにあわせてよめたら素敵だなと思いました。
    小学生になってから幼稚園であった月刊の購入もなくなっていたので、「たくさんのふしぎ」をはじめようかなと思っています。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巻貝ですぞ。

    • ローサさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    写真絵本です。読み聞かせの候補にと思い、そのきれいな裏表紙に惹かれて手に取りました。

    海育ちの私は「ウミウシ」とは、あずき色をした、さわると紫色の汁を出すアレを「ウミウシ」かと思っていました。

    ところが・・出てくる「ウミウシ」は、どれもカラフルでとてもきれいな姿をしています。水中にいるところを撮っているので、色もきれいに発色していてまるでガラス細工の展覧会のようです。

    色ばかりでなく、その形もさまざまで、初めて見る形のものもありました。中でも、「巻貝ですぞ。」と主張しているような姿のウミウシも。

    思わずさわってみたくなるような「可愛い」ウミウシから、「こやつ、絶対に危険」なウミウシまで、たくさん紹介されています。この夏 海で探してみようと思いました。(見たことないけど、いるのかな?)

    夏休み前後の読み聞かせにぴったりです。

    読み時間は・・ゆっくり見せながらで、6〜7分。

    掲載日:2011/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見たことがありません

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子8歳、女の子5歳

    このカラフルな写真にひかれて次女が手に取りました。
    ウミウシって聞いたことがあるけどどんな生きものか知らないし、比較的身近な海岸にすんでいるようですが、一度も見たことがありません。

    本当に読んでびっくりしました。
    色も形も本当に様々です。色は熱帯魚みたいにかなりカラフルで、かわいらしいものから毒々しいものまでいろいろです。
    しかも、視力がほとんどなく色の区別もつかなかったり、獲物は他のウミウシだったり生態もかなり不思議です。
    知らないことだらけでとても面白く読めました。

    そんなに深い海にすんでるわけではないので、来年の夏は泳ぎにいったついでに探してみようかなという気分になりました。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な生き物

    • 桜子さん
    • 50代
    • その他の方
    • 大阪府

    「ウはウミウシのウ」というようなタイトルの本を読んだ時、はじめてウミウシのことを知りました。具体的な内容は忘れましたが、面白かったという印象は残っています。そんな面白いウミウシの写真をたくさん見せてくれる、写真絵本です。

    扉では、砂浜から海を見た写真で、「うみにもぐります」とあります。なんだか、わくわくしてきます。ページを開くと、海の底のようです。この中に、ウミウシはいるらしいのですが。はじめてみたときは、ウミウシがどこにいるのか、私はわかりませんでした。でも、最後まで読んで、再度、この見開きへ戻ってきた時、見つけることができました。

    写真がきれいです。ウミウシはこんなに色鮮やかな体をしているのに、ウミウシ自身では色の区別がつかないとか。嗅覚は発達してるらしいですけど。説明はわかりやすく、読んだら誰かに、「ウミウシってね、、、」と、教えてあげたくなるかもしれません。

    生き物に、興味を持ち始めたお子さんにも、海にはこんな生き物もいるよと、見せてあげるのもよいかも。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / おこりんぼママ / こりゃ まてまて / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット