だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おとうさんのちず」 みんなの声

おとうさんのちず 作・絵:ユリ・シュルヴィッツ
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784751525210
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,097
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 想像する力は、生きる力。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    戦火を逃れ、着の身着のままで見知らぬ地で暮らす親子三人。
    貧しく、食料も乏しい毎日。

    ある日、お父さんはわずかばかりのお金を持ってパンを買いに行く。
    夕方、帰ってきたお父さんはパンではなく一枚の大きな地図を買ってきた。
    お腹を空かせたお母さんとぼくは、がっかりした。

    なぜ、地図なのだろう?
    しかし、この地図を部屋の壁に貼ると・・・
    何の希望もない日々を送っていたぼくの目の前に、たくさんの色が。
    そして、想像の世界が広がったのです。

    ひとかけらののパンで、どれだけ空腹が満たされるでしょう。
    どのくらいの活力になるでしょう。

    おとうさんの地図は、ぼくに想像の世界を与え、想像は希望となりました。
    そして、希望は生きる力となりました。

    おとうさんは、人間にとって大切なことが何なのか、知っていたのです。
    そしてぼくに与え、教えてくれました。

    どんな状況にあっても、大切なものを見失わずにいる。
    そんな人間でありたい。

    心に残る絵本です。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    7
  • おとうさんのプレゼント

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    戦争による空虚さのなか、おなかをすかせていた家族におとうさんが買ってきたのは、食べ物ではなく地図でした。
    からだには栄養が必要。でも、心にも栄養が必要だってことを、おとうさんはよくわかっていたんだと思います。心に栄養が与えられなかったら、生きていくことに喜びを感じなくなることを、おとうさんはよくわかっていて、私はおとうさんのとった行動に感動しました。
    一枚の地図が、作者に生きる楽しみをあたえ、それが将来につながっていったなんて、すばらしいことですね。地図のなかを旅するように想像力をふくらませている作者を見て、自分の子どものようにうれしくなりました。
    その日その日のことだけではなく、将来を見据えて子どもを教育していかなければと、教えられました。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • 重々しい戦争の話より、伝わるものがある

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    もしかしたら、万人受けはしないかもしれません。
    でも、私が評価を高くしたのは、うちの子に読んだとき、すごく真剣にじっくり聞いてくれたからです。
    「戦争って、どんなものだかわからない」「戦争のために国を追われた移民」たちがどんなものなのか、どんな苦しい生活を強いられたかなんて、実は本人たちにしか分からないことではあると思いますが、
    少なくともうちの子は、この絵本から、ユリ・シュルヴィッツが描いた世界を感じ取っていたような気がしました。

    「おとうさんの地図」というわりに、お父さん自体は、最初に地図を買ってきたとき以外、「ぼく」の物語の中で何をしたわけでもありませんでしたが、「ぼく」はこの地図によって、空想の翼を得た訳です。

    文章も多すぎないし、重々しい「戦争」の話より、こういう絵本の方が、かえって子どもたちに伝わるものがあるような気がします。
    お薦めは小学校の4年生くらいから、中学生くらいかな。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 高学年の読み聞かせに

    戦争によって何もかも失い、遠い東の国に移り住んだ家族。たべものも不足した暮らしの中、パンを買いに出かけたはずのお父さんが、地図を買ってかえってきます。
    憤慨するぼく。しかし壁にかかった地図は、心の旅を楽しませてくれ、ついにぼくはお父さんを許します。
    5年生の読み聞かせでこの絵本を読みました。みな真剣に聞き入ってくれていました。大判のサイズの絵と、シンプルだけれど力強い文章なので、大勢へにもよみやすかったです。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地図の魅力

    このお話はある国でのお話でした。戦争によってその国では食べ物住む家に困っている人たちがいて、みんな苦労していました。ある家族も戦争によって家を失くし、他に人の家に居候していました。ある日パンを買いに行くといったお父さんが地図を買った来ました。お母さんと子供には信じあれないことでした。食べ物を買ってこなかったのです!!でも、日がたちその地図を眺めていると時間を忘れひもじさも忘れることができました。結果オーライなのか狙い通りなのか、それは分かりませんがこの地図が幸せを運んできました。

    掲載日:2014/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 空腹でいても…

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    戦争は知りません。
    たとえ記念館へ足を運んでも、我が身が感じる危機感は
    実体験の足元にも及ばないものだろうと思ってます。

    究極の選択が迫った時、子供にパンでなく地図を買ってあげた
    お父さんに、偉大さを感じました。
    戦下での充分に満たされない欲求を、想像力を膨らませる事で
    紛らわすことができた主人公の探究心も素晴らしかった。
    一時の空腹を満たす事により得られた満足感より、心の満足感は
    精神的に人を豊かになるものだなぁと教えられました。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • タイトル

    原文のタイトルが気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公のお父さんがとても素晴らしいアイデアで息子の心を満たした事に感動しました。お父さんの先見の明と愛情を感じる事が出来る絵本でした。個人の基本的人権と生きる事の素晴らしさ、想像力を働かせる事の楽しさを教えてくれる絵本でした。地図の楽しさも自然と感じられる様になるのが良いと思いました。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地図のチカラ

    これはユリ・シュルビッツ氏が実際経験したお話を絵本にしたものです。
    戦禍の中で4歳のシュルビッツ氏の家庭はその日の食べるものにも
    困り果てている状態。
    そんな中で地図を買ってきたお父さんの気持ち。
    それを受け止めるシュルビッツ少年の気持ち。
    私は想像することしか出来ませんが
    とてつもなく貧しくひもじい思いをしながらも
    心は豊かだったのかなあと思いました。
    その後絵本作家になったシュルビッツ氏が豊かな発想ですばらしい絵本を発表している礎になったものはこのお父様なのかもしれない・・・と漠然と考えました。
    6歳の娘には少し難しいようでしたが
    地図って面白いなーと言ってました。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • すきな内容

    まず、大きめの絵本なのでじーっと眺めて絵を見ている子供。優しいタッチで好きです、と思ったら原作者が子供の頃に書いた絵?!すごいと思います。さらに内容としても貧しく食べるものがなくても、心の中に夢かある事で救われる内容。これは大人になってもそうだと思う。何か辛い事があっても夢が救ってくれることがあります。こんなふうに心に明かりをくれるおとうさんのちず。納得の一冊だと思います

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に残る絵本!

    戦争中のある3人族のお話です。
    なけなしのお金でパンではなく「ちず」を買ってきたおとうさん。
    それは。。。
    我が家の娘は5歳幼稚園児,彼女が小学中高学年になったら読んでほしい絵本の1つとなしました。
    とても心に残る希望を感じる絵本でした!
    シュルヴィツの子供時代を語った自伝絵本というところがまたリアルで説得力がありました。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / オニじゃないよ おにぎりだよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット