おふくさんのおふくわけ おふくさんのおふくわけ おふくさんのおふくわけの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
おなかのすいた鬼といっしょに作るおりょうりは…?(複製画も発売中!)

ぼくのはなし」 みんなの声

ぼくのはなし 作・絵:和歌山 静子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784494001514
評価スコア 4
評価ランキング 19,908
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ドッキリ★

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    この本は三冊セットのおかあさんとみる性の本のうちの一冊です。
    先日、1年生の息子が私のおっぱいタッチしているのを見て、4年生の息子が、
    「スケベすると、子どもが生まれるんでしょ!」と言い出した。
    きたきたきた〜〜!!!と思った私は、
    「ええっ!スケベするって何すること?」と振ってみたら、
    この本を持ってきて、確信に近いページを開き、「このことだよ。」とにやにや。

    いつの間にか多様な情報を入手する年令になったんだな…と思いながら、
    この本をゆっくり読み始めた。

    幼稚園の頃、買ってあったけど、息子にきちんと読み聞かせたのは数えるほど。それでも、どのページにどんな絵があるか覚えている様子。
    性教育は難しいと思っていたけど、この本のお陰ですんなり話題に出して、最低限必要な大事なことを話して聞かせることができて助かった。

    ●女の子を大切にする
    ●心身共成長して、責任が取れるようになってから行動する
    ●人類が廃れないために子を残すことは大事

    母が話せるのは、今回のみ。あ〜ドキドキした。
    さあ、これからは父の出番よ〜。
    (父:えぇ〜僕大丈夫かなぁ…。もじもじ)
    お父さん頑張って〜。

    掲載日:2009/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 和歌山静子さんは かい 海くんと言う男の子が どのようにして生まれたのか この絵本で性教育をしてくれています

    おばあちゃんやおじいちゃんが小さいとき面倒を見てくれたこと
    赤ちゃんとしてこの世に生まれたとき みんなが 大喜びしてくれたこと
    お母さんのお腹から生まれた徒事の様子お母さんのお腹の中で 大きくなっている様子 へその緒から 栄養や酸素
    をもらっていたこと

    お父さんお母さんの体 卵子と精子が着色して生まれたこと
    おとうさんとおかあさんが愛し合ったことなど 結構リアルに描かれています  愛し合うと言うこと
    科学てきに描かれているのと同時に セックスのあり方まで描かれているので す

    そして ラスト 去年お父さんが死んだ事なんだか悲しい結末ですが
    かいくんは 父さんが残してくれて このぼくの存在を キリリとした目で
    ぼくが ぼくとして 生まれたことが いちばんうれしい    海くんは しっかりと 生きていくことでしょう

    命の成り立ちをこんなに大切に描かれた 和歌山さんに 頭が下がります

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼い子供さんへの性教育導入に。

    文章も短めだし、絵も簡単でわかりやすいと思います。
    こちらは男の子向けで、女の子向けは別にある模様です。
    うちは、息子しかいないのでこちらのみ借りてまずは、私一人で読んでみました。
    簡単に短い文章の中で、重要なことは描かれているかな、と思います。
    息子の知りたいことをもっと詳細に載せているものを探していたので今回は親が読んだのみです。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありのままで

    • しのどんさん
    • 30代
    • ママ
    • 岩手県
    • 男の子7歳、女の子5歳、男の子1歳

    性の話の絵本が何冊かあったほうがいいのではと思い購入しました。
    我が家では3人目の子が生まれたばかりだったので、上の子たちは(特に5歳の長女が)「どうやって赤ちゃんがおなかにできるの?」とか、「赤ちゃんはどこから出てくるの?」と興味を持っていたところでした。
    この本を読み進めていくと真ん中あたりに裸で抱き合うお父さんとお母さんの絵や、性交を説明したページがありますがヘンに生々しくもなくわかりやすくてよかったと思います。
    娘は「お父さんとお母さんもこんなふうにしたの?」「赤ちゃんを産むとき痛そうだからいやだなぁ」と今から自分も大人になったらそうするのか・・・とドキドキ?!
    最近、科学関係の本にはまっている小学生の息子は「これも科学の本だねぇ!」と一言。
    性の本を一緒に読むのはなんだか照れくさいような気がしますが、恥ずかしがらずに子供達と一緒にいろんな話をしながら読みたい本です。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ノンタン!サンタクロースだよ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット