キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

くろくんとなぞのおばけ」 みんなの声

くろくんとなぞのおばけ 作・絵:なかや みわ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784494025459
評価スコア 4.19
評価ランキング 18,001
みんなの声 総数 71
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 喜んでくれて良かった

    朝目が覚めるときいろくんがいなくなっていました。

    どこへ行ってしまったのか?

    その後きいろくんだけでなく他の仲間達もいなくなってしまいます。

    これはおばけのしわざなのか?

    真相を突き止めていくお話です。

    息子はおばけがいるんだと思い、ドキドキしているのか集中して聞いていました。

    私も何なんだろうとドキドキ。

    怖いのかな〜と思いましたが、実際は…。

    心が温まり、そして少し泣けてしまう感動的なお話でした。

    くれよん達の仲間意識が強く感じられました^^

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと寂しいけどいいエンドでした。

    • もももももさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    6歳の息子と2歳の息子に読みました。
    タイトルだけ見て、以前くろくんの別の本を楽しく読んだので、「これにしよー」と読み始めました。
    おばけってなんだろねーーー!?楽しいおばけと遊ぶ話かな〜と言いながら読み進めて行くと、話は思っても無い方向に。

    おばけの正体は、くれよんを使って助けたい人がいて・・・というお話でした。
    そして、ハッピーエンド!楽しかったね!という終わりではなかったのですが、こういう気持ちや感情を今まで味わった事ない息子たちにとっては、何か考えるきっかけになって良かったかも?と思いました。

    なかやみわさんの絵は、決して今風!おしゃれ!というものではないですが、ほっこり優しいタッチでとても和みますね。ストーリーともぴったりでした。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかやさん

    なかやさんの作品だったので選びました。以前にも同主人公達が登場する絵本を読んだことがったので親近感が湧きました。主人公達がお互いのことを思いやっていて結束が強いのに感動しました。怖い気持ちがあっても思い切って行動する勇気は素晴らしいと思いました。感動しました。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子で泣いてしまいました

    • たまなこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 7歳、4歳

    くれよんのくろくんシリーズが大好きで3冊全部そろえてしまいました。その中でもなぞのおばけは一番自信を持ってお勧めしたいです!

    一晩過ぎるごとに仲間が減っていく謎…。最後の一人になったくろくんは怖がらずに仲間を探しに出かけるところはなかなかできる行動ではありません。
    最後では「死」について考えさせられ、一番初めに読んだ時には親子で泣いてしまいました。

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 死がテーマ

    • ベリーララさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    お化け、というタイトルで、くれよんが1本ずつなくなっていくという不思議な話で、ドキドキしながら読み進めると、ねずみのおじいさんが死んでしまう、という結末で、読んでいた私の方がびっくりしました。。
    子どもは最初はあまりよくわかっていないようだったけど、私は絵本でこんな悲しい結末にしなくてもいいのに、とちょっと暗いイメージをもちました。

    しかし、数か月たって再度息子(4歳3か月)が持ってきたので読むと息子が号泣。おじいさんがかわいそう、と。。誰だっていつか死ぬよ、というと「ママも死ぬの?さみしい」と、、「いつか死ぬけど、○○が大人になるまでは死なないよ、元気で一緒にいるよ」と話しました。

    戦隊モノが好きで「死ぬ!」とかよく言っているので心配していましたが、いつのまにか「死」を悲しいことと理解していると知り、成長を感じました。
    明るいタッチの絵本なのに死という思いテーマを扱っており、とてもいい本だと思います。
    知り合いの子がとっても好きで小6まで手元に置いて何度も何度も読んでいた、と言って譲り受けたのですが、息子と「死」について教えることができ、私にとってもとても意義深い本となりました。大切にしたいと思います。

    掲載日:2018/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいお話だけど…

    くれよんのくろくんのシリーズです。

    とてもいいお話なのですが、ちょっとこじつけた感じがしてしまうのは私だけでしょうか?
    クレヨンが少しずつ呼ばれていなる必然性や、おじいさんネズミが、みんなの絵で笑わないことの納得感…
    また、結末は、おじいさんねずみが元気になりましたの方が、この世界観には合っている気がしました。

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • くろくんの登場で

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    毎朝クレヨンがすこしずついなくなってしまうという不思議な事件が起こり、みんな不安に思っていると、ついに残されたクレヨンはくろくんだけとなってしまいました。
    くろくんは一人、みんなを探し始めました。迷わないように線を引きながら進んでいきます。犯人はいったい誰?みんなはどこにいるんだろう?読んでる私たちもドキドキの展開です。
    たどりついた先はねずみのおうちでした。そこでクレヨンたちは、困っているねずみを助けようとがんばっていたのでした。そこへくろくんの登場で一つのアイデアがうまれます。
    ねずみのおうちでクレヨンたちは何をしていたのか、それは読んでのお楽しみですが、ちょっぴりさびしいけれど、とっても心温まるお話で、読むと心にジーンときました。
    一緒に読んだ息子も、読後はしんみりしていました。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりむらのお話が素晴らしかったので、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    こちらも期待して読みました。何とまあ表紙からは想像もつかないお話で、家族の死がテーマでした。素晴らしい…。子供に死について説明するのって難しいですけれども、絵の可愛さも手伝って、この本でなら子供にも分かり易く伝えられるのではないでしょうか。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨンの箱から、毎晩クレヨンが何本か姿を消します。
    みんなおかしいなあ。どうしたんだろうと探しますが見つかりません。
    そのうちにどんどんいなくなって、とうとう最後のくろくんだけが残されました…。
    というストーリー。
    くろくんがみんなを探すところも暗い印象ので
    怖い話かと思いましたが、
    実際はそんなことなく楽しめました。

    2歳ではストーリー全部を追うのは難しいですが
    クレヨンが見つかったところや
    みんなで絵をかくシーンはとても好きなようです。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨンが消えてしまうなぞを追って

    少しづつ、クレヨンが消えて行ってしまうなぞを追って
    最後に残ったクロくんが、はるばる探しに行って見つけたみんな。
    なぞのおばけの正体は?と言うと、なんだかしんみりとするおはなしでしたね。
    意外な展開でした。
    でもおじいさんの笑顔に、間に合ってよかったです。
    素敵な絵を描く魔法を持っているクレヨンたちのお話でした。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット