庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ちっちゃくたってつよいんだ!」 みんなの声

ちっちゃくたってつよいんだ! 作:マラ・バーグマン
絵:ニック・マランド
訳:大澤 晶
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784593505067
評価スコア 3.83
評価ランキング 28,934
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ついていけない私はおばさん

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    恐る恐るお風呂に入ると、そこには海の大冒険が待っていた。
    その展開を受け入れるまで、ずいぶん時間のかかった自分にちょっとがっかりです。
    (こういうお話にすっと入れるような柔軟さを取り戻したい。)
    最初と最後に両親の姿が見えると、なんだか安心してしまいます。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張る姿

    6歳4歳の娘たちが選び借りました。

    男の子がお風呂に入ると、そこは大海原。想像の世界のことなんですが、男の子が海賊と戦ったり、恐ろしい怪獣と戦ったり。強くなろうとする男の子の姿がカッコいいんです。娘たちは海の中の動物たちに夢中になっていました。これから先、いろんな困難が出てくると思いますが、娘たちにもこんな風に困難に立ち向かっていってほしいなと思いながら読みました。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に強い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    タイトル通り、本当にちっちゃくたってつよいなーと思いました。
    海賊等々、さまざまな困難が降りかかるのですがすべてちっちゃい体でクリアしてしまいます!大人顔負けでは?
    クリアするといってもけして余裕綽々というわけではなく、ちっちゃいことを本人も自覚しており、苦手と思いながらもがんばる姿が良かったです。本人ががんばった結果…なのでしょうが、十分すぎる実力を感じました!

    掲載日:2014/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢の世界へ入る前に

    • オユマーさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    絵がとってもかわいらしくて、ほのぼのとした雰囲気と幻想的な内容の話に、思わずほほえんでしまう、そんな絵本でした。
    ちょっぴり「かいじゅうたちのいるところ」を思い出させる内容で、ただこの絵本の方が絵がかわいらしいので、こわがりの男の子向きかな?と思いました。
    どんな冒険があっても、最後はパパとママの腕の中、日常生活もきっと同じで、毎日いろんな体験をして、時にイヤなことやツラいことがあっても、パパとママが温かく包み込んでくれれば、また翌日は元気に船出できるんだろうな、と思えるような絵本でした。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逞しい

    逞しい主人公が描かれている表紙に惹かれたのでこの絵本を選びました。主人公の大冒険が楽しかったです。どんな局面にも勇気を持って対応する主人公がかっこ良かったです。少しの勇気を出せば打開策が見いだせる事を主人公から教わりました。波の描き方に躍動感があって良かったです。眠る前に読みたい絵本です。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット