ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

メロンパンナとのぎくちゃん」 みんなの声

メロンパンナとのぎくちゃん 作・絵:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1995年05月
ISBN:9784577015087
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,387
みんなの声 総数 3
「メロンパンナとのぎくちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かしのきを守れ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    メロンパンナちゃんの本!ということで娘が図書館から借りてきました。
    かしのきをばいきんまんの魔の手から守ろうとするのぎくちゃんとメロンパンナちゃんのお話です。
    戦闘シーンはアンパンマンが活躍しますよ。
    命はめぐっているということがわかる絵本で良かったです。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巡る命

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    アンパンマンが助けてくれるはず!・・・と思いながら読み進めたので、
    樫の木が谷底でバラバラにくだけてしまう展開に、
    娘と私は大層驚きましたf^_^;)

    でも、もう1度最初から読んでみると、
    樫の木は元気がなくなっていたとのこと。
    ばいきんまんに倒されなくても、寿命は近付いていたのでしょうね。

    古い樫の木はなくなってしまったけれど、新しい芽が顔を出していて、
    『命は巡る』ということを易しく教えてあげられそうな絵本でした。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生命の力強さ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    かしの木を守ろうと必死に頑張るメロンパンナちゃんとのぎくちゃん。
    そこへやってくるのは、そう、ばいきんまんです。

    毎度おなじみの展開なのですが、娘は本当に飽きないようです。
    ばいきんまんが大きなせんぷうきを使って、アンパンマンを飛ばそうとします。
    いつも私がばいきんまんの真似をし、娘がアンパンチをする流れになっているので、今回もフーフーと息を吹きかけばいきんまんの役をしました。
    ところが娘はアンパンチをするどころか、吹いてくる風に喜んでいる様子。
    ずっとずっと息を吹きかけて酸欠状態になってしまいました・・・

    木を大切にすることの大切さや、生命の力強さを感じることができるお話になっています。
    メロンパンナちゃんものぎくちゃんもとてもかわいらしいので、女の子のほうが気に入るかもしれませんね。

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット