だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

こんた、バスでおつかい」 みんなの声

こんた、バスでおつかい 作・絵:田中 友佳子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784198627553
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,452
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • さいごのオチは、大人も納得!

    • ひだまりくらぶさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子16歳、男の子13歳、女の子8歳

    おかあさんに頼まれて、バスに乗って、おばあちゃんちにおつかいに行くことなった、こんた。いつつめのバスで降りることだけは覚えていたが、バスを乗り間違えてしまい、とってもこわい乗客と一緒に乗ることになる。
    幼稚園、小学生の子どもたちに、おはなし会で読み語りをしたのですが、最初は、真剣に見てなかった小学生の男の子も、どんどん出てくる、恐ろしい乗客と絵の迫力、こんたを自分と置き換えて、無事おつかいができるか、ドキドキしながら、物語に入り込んでいました。話のオチに幼稚園児よりも、いい反応をしてくれて、読み手としては、大満足でした。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 前作同様、面白い

    これは、本当に面白い。
    お化けがどんどん出てくるのは、面白いけども、やっぱりオチですよね。なるほど!!と大人も納得です。
    でも、お母さんの話をちゃんと聞けていれば怖い思いしなくてすんだのにね?と思ったり。息子はお化けバスに乗りたいそうですが(笑)

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • まただぁ

    前作の『こんたのおつかい』が面白かったので、続編のこちらも読んでみることに。今回はこんたは、おばあちゃんの家までおいなりさんを届けに、バスに乗っておつかいへ出かけます。
    今回もまた、お母さんから乗ってはダメよと言われていた青いバスに乗ってしまって、怖い目に遭うことに。娘も「まただぁ」とちょっと呆れ気味でした。
    バスに乗ってくるたくさんのおばけたち。でも何となく愛嬌があって、そんなに怖くありません。でも最後の五つ目ばあさんは怖かった・・・
    今回もこんたのちょっとまぬけな表情がかわいかったです。

    掲載日:2015/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ絵本!

    「こんたのおつかい」を読んだので,その第2弾のこちらの絵本も読んでみました。
    どんなおつかいになるのかと思っていたら,予想を超えるおつかいになりました。
    赤いバスに乗っておばあちゃんの家においなりさんを届けるはずが,青いバスに乗ってしまったこんた。。次々と乗ってくるのは何とおばけ達!
    傘のおばけから始まり,ろくろくびに雪女,カッパに鬼にのっぺらぼの子供,まさにおばけバズです!!
    運転手さん,「いつつめのおばあちゃん」に着くって言ってけど。。
    そうです,いつつめにはちゃんと着きましたよ。
    「五つ目のおばけのおばあさん」のところに!!
    最後はおじいちゃんと会い無事におばあちゃんの家にたどり着いてハッピーエンド。こんた,おつかいお疲れさま〜。
    「おつかい絵本」というより「おばけ絵本」ですね(笑)。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気を付けよう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    こんたくんが一人でバスに乗っておつかいへ。
    5つめのバス停で降りるということばかりが気になって赤いバスと言われていたのに、青いバスに乗ってしまいたいへんなことに…。
    一人でおつかいするがんばるこんたくんなのにバスを間違えただけでとても怖い目にあってかわいそうでした。
    トラウマにならなければいいけどと思ってしまいました。

    掲載日:2014/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい迫力

    「こんたのおつかい」の続編です。今回はこんたがバスに乗っておつかいするお話です。6歳長女は自分で読んだので、4歳次女に読んであげたのですが、おばけがたくさん出てくるのですが、1ページ開くたびにどんどん少しずつ後ろへ下がっていくという(笑)でも怖がって途中でやめるわけでもなく。それだけ絵に迫力があるんです。

    お話もとても面白いです。ポイントは「いつつめのおばあちゃんち」です。なるほどー。最後に田中さんにやられたー(笑)おすすめです!

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ

    こんたのおつかいが5歳の子供達に大好評でしたので読んで見たところこの本も大喜びでした。最初のページでおかあさんがこんたに赤いバスにのって5つ目のバス停で降りるのよと言ったのですがちゃんとわすれてしまったこんたくんの恐ろしい冒険のおはなしです。子供は嬉しそうにあかんやん!とかおばあさんのおうち?らしきところの扉を開けようとした時も嬉しそうにあーと言ってました。よみきかせにぴったりですね。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な風景

    とても素敵な風景が広がっていて、
    まるで絵本の中に入り込んだような気持ちになりました。

    妖怪のバスに乗ってしまったこんたは、
    さぞかし怖かったことと思いますが・・・

    その様子をみていた私は、思わず笑ってしまいました。

    なんだか、憎めない妖怪ばかりですね。

    最後の場面では、また景色が明るくなり
    こんたのホッとした気持ちが伝わってきました。

    掲載日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の一面

    この絵本は、私にとって思い出深い絵本になりました。
    それというのも、この絵本、3歳の息子が保育園からこっそり家に持って帰ろうとした絵本なんです。

    保育園にお迎えに行くと、この絵本を大事に抱えてそのまま帰ろうとします。
    「もって帰っていいの?」と聞くと「先生からもらった」と答える息子。
    でも、先生が来ると背中に隠しながら帰ろうとする姿を見て・・・あれ?おかしいぞぉー。。。

    そこで、息子と話合いをすると、もらっていないこと、コンタが好きでお家持って帰りたいと思ったことを話してくれました。

    都合の悪いことを隠そうとしたり、ちょっと嘘をついてみたり、
    いけないことではありますが、息子の成長を感じて愛おしくなった出来事でした。

    息子は「はじめてのおつかい」も大好きです。
    そういえば、こちらも、ひとりでおつかいする話ですね。。。
    色々なドキドキを抱えながら、ひとりで頑張ろうとする姿に
    共感するのかな〜。自分も早くお兄さんになりたいけど、ひとりで大丈夫かな〜という思いで物語にのめりこむんでょうか(^−^)

    思い出の絵本になりました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんな展開?

    赤と青
    そしていつつめ
    覚えることが沢山!
    いつつめいつつめと唱えることで
    赤か青か忘れちゃって来たバスに乗ったら
    とんでもないことに。

    たくさんのおばけに囲まれた車内。
    いつつめで降りた先にいた優しいはずの
    おばあちゃんは
    「いつつめのおばあちゃん」
    というオチ

    あぁ〜読んでても怖い怖い!

    お稲荷さんは美味しいね。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット