ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。

さるかにむかし」 みんなの声

さるかにむかし 作:大川 悦生
絵:石倉 欣二
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784895881029
評価スコア 4
評価ランキング 20,986
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さるはひどいと思いました

    さるはひどいと思いました。

    かにをだますからです。

    かきが早くできたからびっくりしました。

    こがにがたくさん出てきたからびっくりしました。

    さるには子どもがいないのかな。

    さるがしかえししてきたらどうなるんだろうと思いました。

    わるいことはしちゃいけないなあと思いました。

    掲載日:2009/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 日本人の文化的背景を感じる昔話

    あわのだんごが出てくるところで息子が「ももたろうに似ている」と言いました。確かに助っ人をつのるために、だんごを渡す展開が似ていると思いました。

    私は、仇討ものなので「かちかちやま」に似ていると思ったのですが。
    最後まで読んで「今度はさるの子どもがやっつけにくるかもしれないよ」と言いました。

    こうなると、仇討がエンドレスに行われてしまいそうですが、子どもはおもしろいことを考えるものだなあと思いました。

    「かちかちやま」同様、勧善懲悪、仇討と日本人の文化的背景を感じる昔話だなあと思います。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット