ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おいで、フクマル」 みんなの声

おいで、フクマル 作:くどう なおこ
絵:ほてはまたかし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784338180337
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,902
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • みんなに望まれて生まれてきた、幸せ。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    フクマルは子犬です。
    誰かに「おーい、おいで」と呼ばれてこの世に生まれてきました。

    みんなが可愛がってくれます。
    そのみんなに、フクマルは尋ねます。

    「ぼくを呼んでくれたのは、おとうさん?」
    「ぼくを呼んでくれたのは、お兄ちゃん?」

    みんなが静かに、優しくしてくれます。

    愛されて望まれて生まれてきたことを、読む子ども達に伝えてくれる絵本です。
    子ども達にとって、一番の幸せを届けてくれます。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • フクマル LOVE

    犬のフクマルの目線で描かれています。
    フクマルは、好奇心いっぱいです。
    出会う人、物すべてをいとおしく思える、すてきなキャラクターです。
    読んでいるとこちらも心が温かくなります。
    絵も、文章からも、フクマルも可愛さがあふれています。
    また、くどうなおこさんの文章がとてもリズムがよく、描写が素敵です。
    ことばの豊かさも感じてほしいです。私が、一番好きなのは、地面に寝そべるフクマルが、「ねえ ちきゅう、ぼくをだっこしたかったの?」ということばです。
    みなさんも、お気に入りのことばを見つけてみてください。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生まれてきてよかったという幸せ

    ちゅら。さんのレビューを読んで読みたいなあと思っていたら、図書館の棚で見つけることができたので読んでみました。

    読み終わって「ああこの絵本好きだわ。こういう絵本好き」と思えました。

    工藤直子さんの詩的な文とほてはまたかしさんの絵がとても合っていて、フクマルの表情一つ一つがとてもかわいくて、

    愛されてる犬って感じがしました。

    「おーい おいで」と呼ばれて生まれてきたフクマル。

    望まれて生まれて愛してくれる人たちに出会えて、こんな幸せなことはないです。

    生まれてきてよかったという幸せに包まれるような絵本です。

    それって生きている喜びにも通じます。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛くるしい

    愛くるしいフレンチブルドッグの表紙に惹かれて図書館から借りてきました。じっとこちらを見るお目目に見つめられるとなんだかまいってしまう魅力があるフクマルです。動作も可愛くてなにより愛されていることに喜びを感じ、誰にも感謝してるのが素敵です。おもわず、「おいで、フクマル!」って、手を差し伸べたくなります。孫もなにか通じるこがあるのか、「おいで!」と真似してました。お目目の画き方がとても愛くるしいと思いました。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • フクマルの気持ちで読めます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    フクマルはモデルがいるのでしょうか?とにかく可愛い子犬でした。
    たぶんパグの種類だと思います。
    くどうなおこさんの文がいいんです。
    本当に子犬のフクマルがこんな風に感じているように聞こえてくるから不思議です。

    一番好きなシーンは“おにいちゃん”に撫でてもらっているシーン。
    犬って、ほんと好きな人にこういう風に触れれるの好きですよね〜。この目と口元が可愛い!

    声に出して読むとリズムが良く、とても読みやすいです。
    絵もはっきりしていて遠目がききます。
    読み聞かせに、単発で読むのはインパクトに欠けるかもしれませんが、テーマを考えてほかの絵本と併せて読んだら印象深い作品になるかもしれません。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • フクマルの家族

    このお話は、フクマルという犬が家族のもとにやってきたのをどうやってやってくることになったのか、自分なりに考えているお話でした。フクマルと家族それぞれの触れ合いなどがかわいく描かれていてとっても癒されました!!

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うれしそうなフクマル

     表紙のフクマルの顔が、かわいいです。
     いろいろな人によばれて、うれしそうなフクマルの気持ちがつたわってきます。

     空をみあげるフクマルや、かけだしていくフクマル、ページをめくるたびに、ほほえましくなりますね。ぽってりした色あいで描かれた絵がいいなと思いました。

     声にだして読むと、フクマルに話しかけているような感じになりました。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生まれてきた喜び

    「生まれてきたことが、嬉しい」
    「生きていることが、楽しい」
    そんな喜びに満ちた、絵本だったと思います。
    お話の主人公はコイヌですが、人間にだって共通する想いですよね。
    フクマルの愛らしい姿に、癒されました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩のような文章

    表紙のいぬ「フクマル」と目が合って、吸い寄せられるように手にしました。
    どのページにも、かわいい表情をしたフクマルが描かれています。本当に自分のすぐそばにいてくれるような不思議な感覚です。
    そして、くどうなおこさんの詩のような文章が胸に響きました。フクマルが会えたもの全てに感謝している気持ちが伝わってきて感動です。「あえて よかったよ みんな」というラストの一文には思わずウルっとしてしまいました。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれか、よんだ?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    表紙いっぱいに、フレンチブルドッグの振り返りざまの顔。
    その表情は、あまりにもあどけなくて、愛くるしくて、
    「だれかよんだ?」
    って、言っているような気がします。

    そうですよね。
    みんなみんな、誰かに呼ばれて、生まれてくるの。
    そして、生まれてきてよかった、みんなにたくさん出合って、会えてよかったよと心から思い、生きている喜び、必要とされている喜びを、いっしょにいっぱいいっぱい感じてほしいと思います。

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット