あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

きらいさ きらい」 みんなの声

きらいさ きらい 作:中川 ひろたか
絵:工藤 ノリコ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784652040829
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,068
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 嫌いな中にも笑いあり

    中川ひろたかさんと工藤ノリコさんのコンビというのは、私は初めて見ました。

    珍しい取り合わせのように感じたのですが、絵の感じは合っているように思いました。

    きらいというのは、否定的な響きのあるかなり強い言葉のように感じでいましたが、それを笑いに変えておもしろかったしまうのが、中川さんらしいと思いました。

    好きの裏返しのように思えるものもあり、クスッとする場面もありました。

    きらいの表情が集まっている場面はインパクトがあります。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • うちの子供もキライだらけ

    ちょうど年中の息子にピッタリだと思って読み聞かせしました。

    毎日あまのじゃくな事ばかり言ってるのでこの作品はとても身近に感じています。

    服着替えて!と言えば 寒いからイヤ〜
    じゃ着替えなくていいよ!と言えば 涼しくなりたいから着替えるわ〜
    みたいな事の繰返しです。

    オバケが暗いのキライ!ゆきおとこが寒いのキライ!なんてどうするのって感じですよね。

    息子はいつもキライって言うと注意されるので絵本を読みながらキライって言うたらあかんのに!と言ってます。

    工藤さんのカワイイ絵が気に入っているので普段あまり言えないキライ!を息子は楽しめているようです。

    読み終わってからキライって思うことについて親子でお話しもできよかったです。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • お気に入りの一冊になりました

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    大好きな工藤ノリコさんの絵に惹かれて手に取りましたが、なんと作者は中川ひろたかさん。意外な作家さんの組み合わせに興味も急上昇!

    「きらい」って、決していい言葉ではありませんよね。むしろ子供には使ってほしくない言葉。
    でも「きらい」という言葉は、その先にある「希望とか「理想」のためにあるんだと、気づかされる、結構深い絵本だなと思いました。
    詩集のような(というか元々は詩だったものを改訳したようですが)、リズミカルで、心地のいい言葉の響きに魅了されます。子供から大人まで楽しめると思う。

    個人的には注射が面白かったです。怖がってるのがオジサンで、怖がってないのが赤ちゃんだなんて(笑)工藤ノリコさんの絵は、やっぱり好きだなぁ♪

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 発想が素敵!

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    親子で大好きな中川さんと工藤さんのコンビ。
    タイトルからしても、『きらい』を2回も続けるなんてどんな本だろうと気になって手にしました!

    アイスクリームは寒いの嫌い
    アイスクリームは暑いのも嫌い

    え〜っ!?と言ってしまいそうですが、どちらの嫌いにもしっかり理由が書かれていて思わず『そうだね〜』と納得しながら読んでしまいました
    私はその発想の面白さに、かなり気に入った1冊だったのですが、3歳の長男には分かるものもあれば、きょとんとしているものもあり。。。。
    ちょっと早かったのかも

    少々頭の固くなった大人の方へ読んでみたいな〜と思いました☆

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろいなぁ〜

    中川ひろたかさんも工藤ノリコさんも大好きなので、2人が組んだらどんな絵本になっちゃうんだろうとワクワクしながらページをめくりました。

    抜群の相性ですね〜

    工藤ノリコさんの絵って、どうしてこうも笑いのツボに自然と入ってくるのでしょうか。

    注射なんかは、こわがるのがおじさんで、こわがらないのが赤ちゃんとか(笑)もう、おかしくておかしくて。

    ぜひぜひ、子供たちと楽しみたい絵本です。

    掲載日:2016/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど・・・

    娘が小学5年生の時に
    「自分をまるごと好きになろう。リフーミング」という授業を参観しましたが、
    そのことを思い出しました。

    物事を多方面からとらえる、短所も長所、という内容だったと思います。

    「アイスクリーム」は暑いのはきらい、すぐに溶けちゃうから・・・
    でも、寒いのも嫌い、みんなが食べてくれないから・・・

    内容も楽しいし、工藤ノリコさんの絵がピッタリです。

    6年生になった娘は、笑って読んでいました。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全部きらい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    きらい きらいばかり、全部がきらい なんですね。
    こどもに読むのにはきらいばかりだとちょっと読みづらく感じました。絵も文も不快感がする感じではないのですが。やっぱりこどもにはきらいよりもすきということばをたくさん聞かせたいし、言ってほしいと思ってしまったので。。
    まあたしかに言っていることはわかるなーとは思いました。

    掲載日:2015/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもも感じ入る詩情

    アイスクリームは暑いのがきらい
    すぐにとけちゃうから

    ……と、誰が何を嫌いなのかその理由とともに語りかけてくれるのですが
    これがなかなか深くて、どんどんと引き込まれていきます
    アイスクリームひとつをとっても
    暑いのだけでなく寒いのもきらい、だって……と、相反するふたつの理由が矛盾なく共存して、複雑な心を表現しています

    子どもの、ものや人の心を想像する心が育まれているのを感じることができる良い絵本だと思います

    掲載日:2014/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ぴよぴよ・・・』の大好きな息子が
    工藤ノリコさんの絵に惹かれて借りてきました。

    色々な物や人などが、きらいなコトときらいな理由が
    描かれています。
    暑いのも寒いのも”嫌い”なんてただの我がままみたいですがちゃんと理由があって、「なるほどね」となっとくしながらテンポ良く楽しめました。
    特に髪の毛の切られるのも切られないのもきらいの
    シーンの絵が面白かったです。

    子供は真逆の嫌いが並んでいるのを単純に楽しんでいました。
    きらいだけど、きらいを克服するために葛藤してるのかな?
    最後の終わり方に、私はうなずかされました。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • じゃあ、何がすきなの?

    「アイスクリームはあついのもさむいのもきらい」ときいたわたしは、「じゃあ、なにがすきなの?」と聞きたくなりました。全部がふしぎでしつもんしたくなります。
    ピーマンがきらいなやおやさんときいたら、思わず「おなじだ」と言ってしまいました。
    うらびょうしを見てください。やおやさんか、とんかつやさんががんばったのかな?というのがわかります。
    この本は、わたしと同じところも、違うところもありました。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / キャベツくん / だるまさんが / むかしむかしとらとねこは… 中国のむかし話より / うがいライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット