モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

きんのたまごにいちゃん」 みんなの声

きんのたまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784790251965
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,363
みんなの声 総数 32
「きんのたまごにいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 子の心親知らず?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    親子でいっしょに読んで、実は「親」に気付いて!!と隠れメッセージがあるような・・・(^^ゞ

    小さい頃は、「うちの子天才!?」と勘違い(^^ゞしてしまうほどなのに、成長と共に、他の子と比べて劣っているところを叱ったり、自分が果たせなかった夢?を押し付けたり・・・子どもにとっては、大変迷惑な親になっていることってありませんか?

    それと、なるべく失敗させたくない、怪我させたくない、と全部お膳立てしたり、こうした方がいい・・・とこれまたおせっかいをしたり・・・

    自分で考えて、自分で行動しなければ、自分で気付けませんよ。

    こどもは、親のモノではありません。ひとりの人間として、どうサポートしていけばいいのか、親への宿題を与えているのではないでしょうか。

    それを「金色の」卵の殻にするとは・・・
    あきやまさん、まいりました。「たまごにいちゃん」シリーズ10冊目も期待しています!!わくわく♪

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • あきやまただしの本がすき

    あきやまただしの本がすきなので読みました。

    たまごにいちゃんがじぶんでからをわっちゃうからすごいと思いました。

    おもしろかったので、おとうさんにも見せてあげました。

    まごにいちゃんのシリーズはおもしろいからすきです。

    ぼくも、からはいらなあなあって思いました。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママにぐっとくる絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    殻が割れないように、お外で転ばないようにと気遣って子になにもさせてあげない両親。そんな両親のもと、本当はお外で遊びたいのに…と、自分をおさえて我慢する子ども。
    考えさせられましたね。
    子を思いすぎ、大切に守って囲って育てていてはだめですよ!と、親に言われているような気がした絵本でした。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • からが割れた!

    児童書のたまごにいちゃんを読んだ後だったので、この絵本で卵の殻が割れたところがとても嬉しかったようです。
    児童書の続きと勘違いして大喜びしていました。
    からが割れてからのセリフ「こんなぼくじゃだめ?きんのたまごじゃないとかなしい?」という部分が良かったって。卵が割れてからのほうが良いのにねって、言ってました。
    私、似たようなセリフを息子にぶつけられたことがあるのでかなり胸に刺さりました。あのとき、泣きそうに怒ってたんですよね、たまごにいちゃんと同じです。
    息子は、そのセリフを乗り越えてるから、「割れてからの方がいい」と言えたのかな、と思いました。

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 立派なきんのたまごにいちゃん

    ここに出てくるたまごにいちゃんのたまごの殻は、なんと金色!!
    それがめずらしいので、おとうさんとおかあさんは、たまごにいちゃんを
    過剰に守ろうとします。
    落ちている石をどけたり、あぶないところは抱っこしたり、割れてしまう
    と困るからといって、おともだちのお誘いを断ってしまったり。
    そんな生活がいやで、きんのたまごにいちゃんは泣きながら、殻を
    割るんです。
    なんだか、過保護過ぎたり、過干渉の親のことを書いてあるようで、
    ぐっときた絵本でした。
    楽しいだけでなく、感動するたまごにいちゃんのお話でした。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 過保護

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    たまごのからが金なたまごにいちゃんのお話。
    両親が過保護だなーと思いました。子供に期待をかけるのは悪いこととは思わないですが、子供がプレッシャーを感じて無理をしてしまうのは困りますよね…。
    私も過保護になりすぎないよう、ありのままのその子を受け止めてあげられるように気を付けたいです。
    なんだか親の気持ちもきんのたまごにいちゃんの双方の気持ちが分かるなー。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくり、ゆっくりの孫には、やっぱり超過保護になってしまう私です。障碍があるからと言う理由で、先回りしないように気をつけたいと思いました。自分でやれることを伸ばしてあげるのも愛情だと思いました。たまごにいちゃんが、自分の意志で殻を破ることが出来てかっこよかったです。孫の成長の邪魔をしないように見守っていきたいと切に思いました。絵も可愛くていいなあって思いました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てって難しい(汗)

    • りかっちぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子7歳、男の子5歳、男の子1歳

    たまごにいちゃんシリーズ、今度は金色ですね。

    金色の殻=特別何か光るものを持ってる子

    かな?
    だから殻が割れないように親鳥が一生懸命危ない場所や危険な物から守ってあげます。
    でもたまごにいちゃんは、本当は危ない場所やお友達と一緒に楽しく遊びたいと思う。
    まさに、現実の家族にありそうな話です。
    過保護に、
    あそこで遊ぶのは危ないから行っちゃダメ!
    あの友達は悪いから遊んじゃダメ!
    子供が痛い目に合わないように、どうしても言いたくなりますが、
    言わない方が子供の為なんだなぁ〜と実感できます。

    子供はそんな過保護がどう・・・とかわかっていませんが、
    楽しく読んでいました(笑)

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴールードー!!

    うちの子だけなんでしょうか!?金とか銀がとっても大好きなので、この絵本の題名を聞いただけで大興奮でした!!卵が金色なのを見てさらに興奮!!でも確かにこの絵本の鶏のお母さんもお父さんも子供の殻が割れないように大事にしていました・・・。私だけついて行けず・・・。子供は最後まで盛り上がっていました。

    掲載日:2013/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親のためのたまごにいちゃん

    大好きなたまごにいちゃんシリーズ。
    図書館から借りてきて、4歳と8歳の娘たちと読みました。

    今回のたまごにいちゃんのたまごの色はなんと金色!
    どんなたまごにいちゃんかと思いきや、
    親の期待を一心に背負って葛藤する
    いつもとはちょっと違うタイプのたまごにいちゃんでした。
    “こんな僕じゃだめ?金のたまごじゃないと悲しい?”
    たまごにいちゃんが泣きながら言ったこのセリフがとても印象的でした。

    今回のお話は子供向けではなく、親が読むと心に響きますね。
    8歳の長女も、「今回のお話は、いつもとなんだか違うねぇ」と言っていました。
    4歳の次女は、いっぱい走っていっぱい転び、
    ちょっとけがもしちゃうたまごにいちゃんが自分と同じだ!と言っていました。
    そして2人とも、最後の“伝説”に笑っていました(^^)。

    親が先回りして危険を取り払ってしまうのではなく、
    ありのままの子供を愛して受け止めることの大切さを改めて教えてくれる一冊でした。

    掲載日:2013/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット