もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きんぎょのきんちゃん」 みんなの声

きんぎょのきんちゃん 出版社:長崎出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784860953324
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,579
みんなの声 総数 2
「きんぎょのきんちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 反省

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    ちょうど夏祭りの金魚すくいで金魚を連れ帰ったので、図書館でこの絵本が目にとまりました。
    金魚を大切に飼う姉妹のお話。金魚の小さな命と向き合うことを教えてくれます。
    子供のころはこんな風に、毎日金魚を眺めて、お世話をしていたのに・・・大人になった今、金魚の命を軽く考えていた自分に気づいて反省。
    息子たちにも伝わったかな。

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちの絵本。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    金魚が2匹やってきます。
    きんちゃんときょんちゃんは、とても仲良し。
    でも、きんちゃんがてんぷく病にかかってしまいます。

    ひとつの命を通して、いろいろな事を学ぶことができます。
    金魚が来て喜んだり、
    きんちゃんが病気になって心配したり、
    一生懸命、きんちゃんが元気になるよう家族みんなで努力したり、
    そして、きんちゃんが死んで悲しんだり・・・

    「きんちゃん 最後まで がんばったんだもの。
     ゆっくり やすませてあげようね。」
    おかあさんの優しい言葉に、
    子ども達も、悲しいけれど、命の大切さを学んだと思います。

    我が家も、先日金魚がてんぷく病で死にました。
    悲しいけれど、生き物全て命があり、いつかは死にます。
    だからこそ、生きているうちに、いっぱい可愛がり、
    面倒見て、一生懸命に育てることが大切なんだと言っています。

    ココアで、てんぷく病を治す記述がありますが、
    我が家では、塩を入れて治療しています。
    ココアっていうのは、初めて聞きました。
    面白い対処方法だと思いましたが、本当に直るのか・・・
    と思ってしまいました。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット