モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

めいさくしかけ3話入り うらしまたろう にんじんごぼうだいこん きんたろう」 みんなの声

めいさくしかけ3話入り うらしまたろう にんじんごぼうだいこん きんたろう 作:古藤ゆず
絵:あらかわ しずえ 藤枝 リュウジ さいとう まり
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784052031601
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 全部読んで!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    3話が収録されていてお得です。
    子供に「どれを読む?」と聞くと毎回全部のお話を読むことになっています。といっても幼い子供向けに簡単に書かれたお話なので読むのが苦にはなっていません。
    毎回全部読んでとせがむ娘ですが反応を見ているとかわいい乙姫様が出るからか特にうらしまたろうがお気に入りな感じかな?
    2歳児にはうらしまたろうが帰ってきたら300年経っていた…という300年という「時」の概念がまだ理解できていないでしょうが玉手箱のところではびっくりしていました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お得ですよ!

    この学研のしかけ絵本はよく読んでいます。

    でも一冊につき一作しかないので普通でしたが、

    この絵本は3作載っていたので買いました。

    まずうらしまたろう。

    あけてはいけない箱をあけておじいちゃんになった姿をみて

    ダメといわれたことをしてしまうとおじいちゃんになってしまうと

    思いこみ、多少、いい子になりました。

    にんじんごぼうだいこんは大人なら読んでる最中に

    オチが分かります。子供にしてみたら、だから?と

    いうオチになってしまいます。

    きんたろうは可もなく不可もなく。

    読んでおしまいといった感じでした。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット