ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

絵本図書館」 みんなの声

絵本図書館 作・絵:光吉 夏弥
出版社:ブック・グローブ社
本体価格:\2,300+税
発行日:1990年01月
ISBN:9784938624026
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「絵本図書館」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本好きな皆さんにお勧めしたいです

    最近になって、自分が初めて買ってもらった本が「アルプスのきょうだい」という光吉夏弥さん訳の本だったと知った私。

    図書館の検索を使って、蔵書を読んでいます。

    そして、めぐりあえたのがこの本です。

    訳だけでなく、作家紹介の本も残していただいていたとは、本当にあり
    がたいです。

    大人の本と違って、子どもの本の研究というのはまだまだ、作家さんのことを知りたいと思ってもあまり情報が得られずに残念に思っていました。

    この中で紹介されているのは、キーツ、スタイグ、ウンゲラー、マーシャ・ブラウン、マーガレット・ワイズ・ブラウン、エッツ、マージョリー・フラッグ、ドン・フリーマンなど、すべては紹介しきれませんが、絵本好きにはたまらないラインナップといえるでしょう。

    私もとても熱狂的に読み、絵本好きな友人にも紹介しています。

    絵本を読んでからもう一度読みたいなあと思いました。

    訳本を読んでもそう思うのですが、この本を読んでも、やはり光吉さんありがとう。と感謝の念がわいてきます。

    赤木かん子さんの本にも、外国物の翻訳児童書に良いものが多いのは、光吉さんの力が大きいことが書いてありましたが、私も本当にそうだなあと思っています。

    絵本好きな皆さんにお勧めしたいです。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット