だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

四季のえほんなつですよ」 みんなの声

四季のえほんなつですよ 作:柴田 晋吾
絵:近藤 薫美子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784323031125
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,534
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夏のエネルギー!

    生命のエネルギーがどのページからもビンビン感じられます。
    とにかくパワフル!

    子供にカブトムシが出てくるような、
    夏を感じさせる絵本を読んであげたいなぁ〜と思っていたのですが、
    この本にはカブトムシもカエルもアメンボも朝顔も夕立も、
    セミの抜け殻も樹液も麦藁帽子も・・、
    すべて詰まっています!

    見るたび新しい発見がある賑やかな絵は、
    何度見ても楽しめます。
    ただあまりのザリガニの迫力に、2歳の娘は「ザリガニが怖いから嫌」だそうです。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • こんにちは なつですよ

    ギラギラした夏ムードいっぱいの絵本です。

    夏が恋しくなってしまいます。エネルギーがいっぱい感じられて元気に

    なれます。暑いけれど夏っていいなあって思いました。

    「こんにちは なつですよ」の繰り返しも嬉しいです。

    孫の大好きなプールの絵がお気に入りの孫です。

    私は画面いっぱいの向日葵の絵が一番お気に入りです。

    夏が待ち遠しくなった絵本です。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    表紙の虫以外にも夏を感じるものがたくさん登場します。
    夏っていろいろありますねー。
    こどもはたなばたかざりの短冊のねがいごとにも注目していました。先日、園でたなばたかざりをつくったところなので興味あったのかな。
    「こんにちは、なつですよ」自分の目でもいろいろな夏を見つけたいですね。

    掲載日:2016/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏らしい昆虫たちが元気よく動いてます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    「四季の絵本」シリーズの夏バージョンです。
    絵は近藤薫美子さんが描かれていました。
    この夏バージョンで好きなところは、表紙を開いて最初の見返しのところ!!
    薄い黄色い紙の上に、もう少し鮮やかな黄色の線でページいっぱいにひまわり畑が描かれています。
    元気のいいザリガニのピースしているような(威嚇かも)堂々とした姿も、森の木々で動き回っている虫たちも、蛍の光も…、
    「ひまわりめいろ」と書かれたひまわり畑の景色も、どれもこれも夏の一コマとしてとっても素敵でした。

    このシリーズはいつか全部そろえて、その季節季節を楽しみたいです。
    4,5歳くらいのお子さんたちから、高齢者の方までお薦めできます。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が細かくて楽しめました

    虫とか人とか風景の絵が、とっても細かく描かれていたので、子供は好きな昆虫とかを探したり、自分と同じ事している子供を探したりと、ストーリーだけでなく、絵でもとっても楽しんでました。

    掲載日:2011/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵をじっくり楽しむ

    2歳の息子が図書館で目を留めて持ってきたので、季節外れながら借りて読んでみました。

    夏の色々な情景が鮮やかに描かれています。また、各ページごとに、絵の物理的視点が違っていて、森の上から見た景色など意外性があっておもしろかったです。

    息子は表紙のかぶとむしに惹かれたようでしたが、ストーリーがない絵本だったためか、最後まで見ることができませんでした。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の到来

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    夏の到来の頃読むと雰囲気抜群です。
    なんともスケールの大きな夏の様子です。
    「なつですよ」の呼びかけが繰り返され、場面は山や海、町や公園などの夏の様子を切り取ります。
    生命力いっぱい、生き物たちのの夏を体感できます。
    ざりがりのアップ、里山の木々の上部からのアングルがなんともすごいです。
    さながら生き物観察の世界です。
    やはりじっくりと隅々まで味わってほしいですね。
    七夕飾りもしっかり描かれていますから、その時期にもぴったり。
    絵は衝撃的な作品の『のにっき』近藤薫美子さん。
    その迫力に納得です。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生命力

    「はるですよ」が好きだったのですが、それとは違う躍動感に満ちていました。
    虫はわんさか出てくるけれど、不思議と嫌な気持ちになりません。
    夏は昼もいいけど、夜もまた格別に美しいと感じました。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏が感じられます。

    季節外れなんですが、娘が借りたがったので図書館で借りてきました。
    ストリーはなく、田んぼや森、海など、色々な夏を感じさせる風景が描かれています。絵が細かく、昆虫などが沢山描かれているので、娘は「セミの抜け殻見つけた!」だとか「これ、なんていうカエル?」だとか熱心に見入っていました。でも、なかなか虫の名前が思うように教えてあげられなくて・・・。せっかくここまで細かく描いているのだから、解説など載っているともっと嬉しかったです。
    娘は最後の幼稚園の庭のページが気に入っていました。
    夏が近づいたらまた読んであげたいで絵本です。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の情景があたたかいタッチと細かい絵で描かれており、色々な発見があります。その為、他人数への読み聞かしには不向きかもしれません。

    2〜3人へ読み聞かす時は、森の中のカブトムシやカマキリなどを探したりと、夏への関心を深めるにはもってこいの絵本です。

    ストーリー性はあまりないので、子どもが見てどう感じたのか、気になるところです。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット