雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

じどうしゃアーチャー」 みんなの声

じどうしゃアーチャー 作:片平 直樹
絵:伊藤 正道
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784774611273
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,825
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 異国の風景とレトロな自動車!

    親である大人の私が読ませていただきました。
    異国の風景とレトロな自動車が魅力的な絵本でした!
    外国の絵本かな〜と思ったら,日本人によって描かれた絵本なのですね。
    車が好きな男の子はとっても楽しめるのではないでしょうか。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロな車ファンの大人にも

    伊藤正道さんのイラストだと、すぐに分かりました。
    優しい色彩で、見ているだけでも心が和みます。

    文字が多く、おはなしが長いので
    自分で文字を読める年齢のお子さん向けかもしれませんが
    「続きはあした」と、何回かに分けて読めば
    楽しみが増えそうです。

    レトロな車ファンの大人にも、おすすめです。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • クラシックカーってカッコいい!

    2歳9か月の車好きの息子が図書館で選びました。

    クラシックカー(今の時代からみると)のアーチャーが、どのように生きてきたかというストーリー。
    ちょっと歴史を感じます。
    サーキットで優勝するという華やかな時もありましたが、海の向こうの戦争に行ったり、インドで象狩りをしたり、消防車になったり、魚を運んだり、そして捨てられて錆びていって…。
    最後に、アーチャーを作った人の孫、ジョージが約束どおり迎えにきてくれます。
    アーチャーはイギリスの車なのかな??

    息子は、アーチャーがいろいろなものに変身していくのが楽しかったようです。
    車が好きなお子さんには、まあまあ楽しいかと思います。
    しかし、クラシックカーってカッコいいですよね。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自動車評論家の小林章太郎さんの監修とあります
    自動車をこよなく愛した人の 絵本だな〜と思いました

    アーチャーはクラシックでとても格好が良いくるまです
    ジョージとだけは話ができるのですが・・・ ある時売られてしまい
    サーキットで優勝します
    また 戦争にもかりだされ  ジャングルの王様の車にもなり
    それでも 話ができるのはジョージだけで とても哀しい運命にさらされるのです

    それでも ジョージとの約束を思い出しあえるかも・・・でもとうとうぼろぼろのさびた車になり諦めかけたとき  運命のジョージに出会えたのです
    なんという 運命でしょう!

    そして また ジョージに大事にされたのです

    諦めず ジョージにであえてよかったな〜とホットしました

    この中で戦争に巻き込まれますが 人間はどうして戦争するのかな〜と言う言葉がこころに残りました

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく感はありませんでした

    大人が考えたお話で
    何だか純粋に楽しいとかわくわくした感じがおきませんでした。
    ちょっと説教くさいというか
    結末があって、物語がはじまっているような感じです。
    現実的な話なのか、作り話なのか、
    はっきりしていない感じなので
    読み終えて、素直に良かったなーとは思いませんでした。

    掲載日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 半世紀以上も探し続けて・・・・・

    半世紀以上もお友達を探し続けてやっと念願を叶うことが出来て自動車のアーチャーもジョージもほっとしたでしょう・・・・・
    アーチャーもジョージもお互いに逢いたくてしかたなかった気持ちを思うと切なくなりました。二人は、いつかめぐりあえる日を愉しみに生きてそれまでアーチャーはサーキットで活躍したり、戦争、虎刈りに出動したり、消防車、魚を運んだりとただひたすら頑張りぬいたアーチャーにお疲れ様といいたいです。「探したよ、アーチャー」と、一人のおじいさんがやってきたと思うくらいくたびれてしまったアーチャーですが、間に合ってよかったです。アーチャーは、たとえ鉄くずになったってジョージとも思い出があるから怖くないと思っているアーチャーも幸せですが、約束どおりジョージとの夢のような実現に感激しました。
    強い絆で結ばれていた二人の結末にとても感激して胸が熱くなりました。この絵本はまだまだ孫には早いですが、プレゼントしたい一冊です

    掲載日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット