うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

オオカミと石のスープなかなかよいと思う みんなの声

オオカミと石のスープ 作・絵:アナイス・ヴォージュラード
訳:平岡 敦
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年2月
ISBN:9784198613167
評価スコア 4.41
評価ランキング 9,074
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外な展開で・・・

    メンドリの家に、年老いたオオカミがやってきます。

    「ちょっと中で暖まらせて、石のスープを作ってあげます。」
    というオオカミを
    家の中に入れてしまうメンドリ。

    その様子を目撃してメンドリを心配したお友達の動物さんたちが、
    次々とやってきます。

    石のスープの話を聞いた動物達。
    次々と、セロリやら、ネギやら、カブやらを持ってきます。

    そしてスープが出来上がるまで、みんなで輪になって歓談。
    足元にはそれぞれ赤ワインのグラスも!

    「なんて楽しんでしょう!
    これからはみんなでもっと集まってご飯食べましょうよ!」

    というめんどりさんの言葉や、
    みんなにスープをよそってあげたオオカミさん。

    初めはメンドリさんを騙してスープにして
    食べるつもりだったんでしょうが、
    逆にみんなに楽しい時間を提供してしまったオオカミさん。

    悪者になりきれなかったオオカミさんの
    優しさが伝わってくるようでした。

    奥深いけど、4歳児にも十分理解できる内容の絵本で、
    とってもよかったとおもいます。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    3
  • オオカミは何処へ行くのかな〜

    お話の中ではオオカミは悪者が多いです。

    このお話のオオカミは年老いていて石のスープを作ってあげるからと、めんどりの家に入るの、でも、おおかみの顔はやっぱり怖い!
     
    でも 目が怖くて・・・・
    やっぱり めんどりを煮て食べようと考えていたのかしら??
    ぶたやうま あひる達はみんな 心配して来てくれるの、オオカミも 次々やって来る友達がいるので食べることもできず、みんなが持ってきてくれた野菜でスープを作ってくれるの。

    石のスープは、美味しかったんでしょうね!

    みんなで ワイン飲みながら楽しそう!!

    でも オオカミだけは楽しそうでないの・・・・
     
    オオカミの こわいはなしを聞かせてと言われて オオカミはどんな風に思ったんでしょね?

    なんとも さびしそうな  オオカミの後ろ姿・・・・

    おおかみは これから何処へいくのかな〜
    気になりました。

    掲載日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作家を魅了するストーリー

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    こちらの「石のスープ」は、フランスの(発表当時)若手絵本作家のアナイスです。

    表紙に描かれた品のないどこか裏のある顔つきの狼が、妙にインパクトあります。
    こちらのオオカミは「石のスープ」を作ることによって、自分に都合のいい結末を予想していたでしょうに、あまりに人(動物)柄のいい住民のおかげで、いそいそと立ち去るはめになってしまいます。
    スープに使う「石」は、大きかったり小さかったり、その絵本まちまちですが、これだけ(私が知っているだけで5種類ありました)いろいろな作家が手掛けたくなる「石のスープ」には、作り手を魅了するストーリーなのかもしれませんね〜。

    掲載日:2007/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブラックユーモアです

    おんどりとぶたがそろった時、オオカミは「どんなにおいしいスープになるだろう」と心の中で喜んだことでしょう。ところが思いがけず、つぎつぎと「邪魔者」が現れてしまいます。
    オオカミの目つきや動物たちの表情がおもしろいです。和気あいあいとしながら緊張感があります。
    できあがった石のスープを、動物たちが3度もおかわりします。これだけ野菜を入れたらおいしいスープになったでしょうね。ワインをあけているのもフランスらしいなと思いました。

    「オオカミはきっとこの村にはもどってこないでしょう」という終わり方に余韻が残りました。オオカミの後ろ姿に「あてがはずれた」という無念さが感じられました。オオカミは今までどれだけだましてきたのでしょう、次の村ではうまくいくのでしょうか、、、オオカミのふくろの中には石だけでなくナイフもはいっていました。ブラックユーモアがじわじわときいてくる絵本です。

    このごろいろいろな詐欺事件がおこっていますが、それをさけるためのヒントになりそうなお話だな、と思いました

    掲載日:2007/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな笑いがあります

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    オオカミの下心を知ってか知らぬか、本当はピンチなめんどりえを、
    近所の動物たちは助けます。
    でも、めんどりも他の動物たちも、オオカミの本当の目的を知らないままなのか、楽しい時間を過ごします。
    もしかしたら、本当はオオカミの本性を知って、めんどりを助けるべく、集まったのかもしれません。
    オオカミも、めんどりだけならだませても、大勢の動物たちを相手に出来るほど
    強くはないようです。

    弱い力も、たくさん集まれば、強い力に勝てると言う事でしょうか?
    これに懲りずに、次の鳥をターゲットにしているあたり、オオカミもしたたかですね。

    掲載日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとは どうぶつを ねらって やってきたオオカミさん。どんどん動物が増えてきて・・・「お前たちを食っちゃうぞーー」なんて言えなくなりました。
    次はどんなどうぶつがやってくるのかな?と イメージを膨らませ 楽しみに ページを めくりました。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 多分、オオカミは…

    ヨーロッパの「石のスープ」の民話をモチーフにした絵本です。
    このお話では、オオカミはいいヒトみたいに読めなくもないのですが、私はやはり、オオカミは「この村の動物たちをスープに入れて食べてしまおう」と思っていたに違いない…と考えてしまいます。
    悪者になりきれなかったオオカミの悲しさ…。
    でも、小さい子たちには伝わらないかもしれないなァ。

    掲載日:2006/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわい?オオカミ

    • ひとときさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子3歳

    特に、面白い!とは言えない絵本。
    でもとても気になるないようです。

    まず、オオカミが確かに年寄りなんだけれど、人間くさい。
    それがちょっと不気味。

    そして「石のスープ」って、あきらかに怪しい。
    だんだん動物たちが集まってきて、なべを囲むと目つきがおかしくなるのが、更に怪しい。
    オオカミが動物達をだましているのか。
    それとも動物達がオオカミをだましているのか。
    どっちがどっちだかわからなくなるような、
    でも、実は騙しているのではないかもしれない、
    こんがらがってくる絵本です。

    長女が小学校に入るかどうかぐらいの時に読んだのですが、よくわからなかったみたい。
    「それで、石のスープって?」
    と聞かれてしまいました。

    お話が終わったあとに、最後のページでまた別の家に石をもっていくオオカミの姿が描いてあり、まるで同じ繰り返しをしそうな、はたまた孔雀はだまされてしまうのか・・・。
    続きも想像してしまいました。

    掲載日:2006/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年寄りオオカミ

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     普通絵本ではオオカミは恐い存在ですが、このオオカミは年寄りで歯も1本しかなく、動物を襲わないのです。
     家で暖まらせてくれたお礼に、石のスープを作ってくれるのです。色んな動物たちが持ち寄った野菜をいっぱい入れて・・・。
     でも、オオカミの石は、煮えないのです。勿論、それはオオカミも分かっていて、それを理由にその家を後にしました。
     オオカミの心理みたいなものが分かるには、やっぱり小学生にならないと無理かな?

    掲載日:2004/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット