十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

We’re Going on a Bear Hunt(きょうはみんなでクマがりだ)」 みんなの声

We’re Going on a Bear Hunt(きょうはみんなでクマがりだ) 絵:ヘレン・オクセンバリー
再話:マイケル・J・ローゼン
出版社:Margaret K. McElderry Books
本体価格:\0+税
発行日:1989年9月
ISBN:9780689504761
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,173
みんなの声 総数 2
「We’re Going on a Bear Hunt(きょうはみんなでクマがりだ)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 擬音語が楽しい♪

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 大分県
    • 男の子11歳、女の子8歳

    タイトルから一体どんなクマ狩りが始まるんだろうって
    思いますよね?
    とてもクマ狩りをしそうにも無い雰囲気の表紙で。
    何だ、想像の世界?なんて思っている読者を
    欺きます。途中でどちらか分からなくなってしまい
    もうどうでもいいやって思えて。
    擬音語がふんだんに使用されていて
    なんだか自分でメロディを作ってしまいそう。
    草を掻き分ける音、川を渡るときの音、
    泥んこ道を渡る音、森を横切る音、
    楽しい響き。
    娘が読んでくれたのですが
    最後の方どんどん心なしかスピードアップしながら
    読んでるんです。ドキドキしてきますよ〜。
    裏表紙の○○の後姿がとっても淋しそうで
    ちょっと可哀相になってしまった。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 唱えて楽しい冒険絵本

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     大好きなオクセンバリーが、楽しい唱え歌にイラストをつけた我が家のお気に入り絵本です。有名な作品なので、小学校の授業や子どもの教育番組などでもよく取り上げられます。
     くまを探しに行く途中、野を越え、川を越え、森を過ぎ、突然雪の嵐もやってきて……、これをジェスチャー付きの英語でやると最高に盛り上がります。決まり文句が子どもの心をとらえて、擬音語を繰り返すだけで冒険のわくわくが大人にも伝わってくるから不思議。言葉が情景を作り出し、イマジネーションの世界で遊べます。最後にくまに追いかけられるところは、もう大騒ぎ。興奮のるつぼです。ぜひ、英語版の方もお楽しみください。

    掲載日:2003/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット