あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ひとまねこざるときいろいぼうし 改版」 みんなの声

ひとまねこざるときいろいぼうし 改版 作・絵:H.A.レイ
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1998年02月
ISBN:9784001151473
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,169
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • チャーミング!

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    いたずらで、無邪気で、茶目っ気たっぷりのおさるのジョージは、皆の人気者。どのシリーズも子供達に喜ばれます。そのジョージがアフリカから黄色い帽子を被ったおじさんに連れられてきてからのハプニングだらけの日々が、愉快に描かれていて、うきうき弾んだ気持ちになれる一冊です。

    掲載日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供の頃、ジョージの別の話が好きで子供に読もうと思って買ったんだけれど・・・
    黄色い帽子のおじさんがジョージを連れて来ちゃう方法って・・・
    密猟に近くないでしょうか?
    野生動物にとって動物園はすてきな所!って子供に教えられないです・・。
    大人になってからだと無邪気に読めない内容でした。
    けなす内容を掲載しないなら評価の所にマイナス星なんかつけないで下さい。

    掲載日:2009/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 出会えました

    このお話、映画でもあった話だったと思います。

    おじさんとの出会いのお話というか、最初の話だと

    思います。

    どうしてこの二人が、どうやってどこで出会ったか・・

    それが分かる絵本だと思います。

    いろいろジョージを読んでいる人は、

    まずこれを読んでほしいと思います。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんな出会いだったのね

    ジョージシリーズ親子で大好きです。
    今回も図書館で借りてきました。

    ジョージときいろいぼうしのおじさんとの
    出会いはこんなきっかけだったんだな〜と
    今までのなぞが解けました。

    ジョージは最初から好奇心旺盛だったんですね〜。
    鳥になろうとして飛んでみたり
    はちゃめちゃな感じが面白かったです。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージとおじさんとの出会い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ジョージとなかよしのきいろいぼうしのおじさんの出会いのお話です。
    2人はこうして出会ったんですね、知りませんでした。
    …というかつかまって連れてこられていたんですね。意外でした。ジョージ本人はずっと楽しそうですしいいのかな。
    いつもながらジョージが元気いっぱいで面白かったです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと衝撃的

    おさるのジョージと黄色い帽子のおじさんとの
    出会い〜船に乗り、おじさんの家〜動物園へ
    行くまでお話です。
    ここでもやはりジョージの知りたがりっぷりが
    たっぷり描かれています。

    他のシリーズを先に読んでいたので、
    黄色い帽子のおじさんが結構強引に?ジョージを
    捕まえてきたのにはびっくりしました。
    加えて牢屋に入れられてしまうのにも!
    でも、してもいいいたずらとそうではないいたずらもある。
    そんな区別がついてきた2歳の息子には調度よかったようです。
    ジョージが牢屋にはいってしまうシーンではちょっぴり
    神妙な顔をしていました。
    それでも興味津々を抑えられないジョージの姿は
    やはり魅力的なようで、思い出したかのように
    この本を持ってきます。
    まだまだたくさん読むことになりそうです。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージのルーツ

    ジョージがどうやって黄色い帽子のおじさんと一緒に暮らすことになったのか、おじさんと出会う前はどこにいたのかが書かれた絵本。
    子供たちにはこの場面がとても印象的だったようです。

    ジョージの好奇心いっぱいの性格のせいで船から落ちたり、お空を漂ったり‥その何か企んでいる時のおちゃめな表情をしたジョージが娘たちはすごく好きなようでその絵を見るだけでニタニタ笑っています。

    わがままなおさるさんだけど、なぜか憎めない。
    好奇心いっぱいな子供たちの欲望を満たしてくれてるんだろうなぁと最近になって思うジョージの存在。

    またほかのシリーズも読みたいです。

    本の大きさの割にしっかり読み聞かせられるボリュームなので重宝しています。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本もいいですね!

    4歳9ヶ月の息子に読んでやりました。テレビ番組が好きなので、その原作をとおもって読んでやりましたが、やはり釘付け。絵本というわりには文章が多く、またページ数も多いので集中できないかと思っていましたが、意外や意外。ずっと集中して楽しそうに聞いていました。まあ、次から次へといろいろなハプニングが起きて、ページ数が多いのも忘れてしまうほど、こちらも楽しく読んでやれました。サルなのによく人間と一緒に扱ってくれるものだ・・・とちょっと感心しながら。それがこの本のいいところかもしれませんね。サルだからといって特別扱いせずに、同じように扱ってあげる。そういうことが学べる本なのかもしれないな、と思いました。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外せない1冊です

    「ひとまねこざる」シリーズは大好きで、今までに何冊か読んできました。

    今回は、アフリカに住んでいた「おさるのジョージ」と「きいろい帽子のおじさん」が、出会ったエピソードが描かれています。

    この絵本は、外せないと思います。
    オリジナル原画版もあるので、そちらもお勧めです!!

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な好奇心

    アフリカで暮らしていたジョージがきいろいぼうしのおじさんに捕まえられて、まちに連れてこられます。

    捕まえられて悲しむのかと思いきや、ジョージは好奇心いっぱいで、船の中でも町でもいろいろな騒ぎを起こします。

    好奇心だけで、こんなに騒ぎを起こさせるなんてすごい!

    でも、きっと子供ならだれでも、こんな好奇心があったりするんだろうなぁと思いました。子供がやりたくて、出来ない事をジョージが思いっきりやってくれてる、そんな風に感じました。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット