あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

和布歌」 みんなの声

和布歌 本体価格:\1,800+税
発行日:2007年08月
ISBN:9784761913366
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
「和布歌」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  ある日偶々いただいてきたこの本。さて、二歳になった我が息子の喰いつき具合は?と案ずるまもなく、あっというまに愚息を虜にしてしまったこの本。その不可思議な魅力を是非手にとって感じてほしいです。
     この本には、「赤とんぼ」「おおきな古時計」「どんぐりころころ」・・・と、スタンダードな日本の童謡が29曲収録されています。
     といっても、CD付きとかではありません。1ページ、1ページに1曲分の歌詞が書いてあるだけの分かり易い作りです。
     しかし、この本の「肝」は、その歌詞をイメージした「絵」がともにあしらわれていること。しかもそれは、イラストでも風景写真でもなく、古い和服の生地で描かれた「絵」なんです。
     たとえばの話「とんぼのめがね」であれば、さまざまな色調の青い布で、とんぼと空が大胆かつシンプルに描かれています。
     ちなみに、わが愚息のもっとも愛した「絵」は、黒い正方形の布とダークな茶系の三角の布(花柄)でできたお堂の右に、くすんだベージュ地に朱色の入った細い布で作られた鳥居が置かれている「通りゃんせ」。鳥居の右の柱に、こけしの涼しい両目がある。このシュールさになぜか2歳児が激しく感応する・・・。この本にはそうしたドキドキが一杯に詰まっています。夜ごと、「読んで、読んで」ならぬ「歌って、歌って」コール。
     作者は、現役の大学教授(専門は数学)とか。それだけに、すべてが計算され尽くされた一冊?・・・とは、到底思えません。著者の天性のおおらかさと直感によってものされた一冊と言えましょう。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット