キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

14ひきのおつきみ」 みんなの声

14ひきのおつきみ 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年06月
ISBN:9784494006830
評価スコア 4.81
評価ランキング 227
みんなの声 総数 141
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

141件見つかりました

  • 秋に必ず読みたくなる一冊

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    美しい昼の緑に始まって、夜の澄んだ月明かりに終わります。
    夕暮れ時のシーンやまんまるお月様が出てくるシーンには、
    素晴らし過ぎてため息が出ました。
    長女が満月のシーンに感動していました。

    次女はどんぐりぼうしを被ったにっくんがお気に入りです(^^)。
    そして長女も次女も、くんちゃんの乗ったブランコがいいな♪と言っていました。

    秋には必ず読みたくなる一冊です。
    「おつきさん ありがとう」のフレーズが心にしみる一冊でした。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月見の時期に読みたい

    このシリーズも大好きで
    図書館で見つけたら借りています。
    息子も大好きです。

    今回はおつきみ!
    とっても素敵なお話し。
    お付様って動物たちにとっても
    大切な存在なんだと改めて思いました。

    九月になったら読みたいなと思います。
    どのシリーズも良くて
    購入を迷います。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「はい、どうぞ」。

    14ひきシリーズは、いわゆる「古きよき時代」をよく表現した絵本で、私も大好きです。
    ねずみたちが、自然と共生しながらそれぞれが家族の中でもつ役割をしっかり果たす。
    現代ではなかなか見られない光景です。
    また、夢のような美しいタッチの絵には、きいたことのない虫や花といった自然が描かれていて、大人も感心します。
    この絵本は、急にお月様に興味を持った息子に、十五夜の頃読み始めました。
    おつきみのお供えなんて、したことがないなあ、お団子はよく知っているけれど、栗の実なんかも飾って、収穫を祝う行事なんだなあ、と感心しながら読んでいると、息子は「おだんご、いる?はい、「どうぞ。」。
    14ひきがお月様にお供えしたおだんごをせっせと私や14ひきたちに配っているではないですか。
    しまいには、自分もモグモグモグ・・・。
    ちょっとがっかりもしてしまいましたが、食べることとまま事が大好きな息子らしいなとほほえましくなりました。
    いろんな受け取り方があるから、読み聞かせって楽しいです。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のねずみたちの瞳に

    • 魔王さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県

    やっぱりおつきみといえばこの絵本が思いつきました。
    表紙はいつも14匹全員が載ってますがこのおつきさまを見ている表情が本当に素敵です。小さな目ですが輝いていますよ。(瞳にお月様が映ってます)月明かりが絵本を通して本当に素敵に描かれているし、自分もおつきみをしている錯覚に陥るほどです。あとこのシリーズにいえることですが絵が自然の絵が非常に細かく描かれてます。
    おつきみには是非、この絵本だと思います。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいおつきみ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    9月に入り、おつきみシーズンなので馴染みのある14ひきシリーズのこのお話を読んでみました。
    季節感があってよいですね。
    秋が感じられます。
    家族仲良くおつきみをするシーンがとてもあたたかいです。
    またおいおい他の14ひきシリーズも読んであげたいです。

    掲載日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月見の季節に

    14ひきのシリーズ、我が家は、「14ひきのひっこし」「14ひきのあさごはん」「14ひきのピクニック」につづいて4冊目の購入となりました。

    今まで購入した3冊と違って表紙が黄緑色から青色になっています。
    お月見の空を表現したからでしょう。
    2歳の娘にはまだ「お月見」というのは理解できませんが、ねずみちゃんたちがお月さまを見るために木の上へ登っていく様子や絵本いっぱいに描かれた大きなお月さまには何か感じるものがあるようで、よく見ています。

    子どもはもちろんですが、大人もあらためて「お月見」のよさを再発見できるとてもよい絵本だと思います。
    お月見の季節にまた読んであげたいです。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月の美しさ

    大好きな14ひきしシリーズですが、私が一番気に入ったのがこのおつきみの本です。なんといっても本当に美しいんです。月がねずみたちの目線で描かれていて大迫力です。こんなにじっくり月を見ることなんてないので、読んだ後、早速子どもたちとおつきみをしました。
    都会で見る月は美しさに欠けるかもしれませんが、とてもよいきっかけになりました。身近な自然を大切に感じる心を育ててくれる絵本だと思います。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しいお月様

    14ひきシリーズは、小学校2年生の長女も幼稚園年中の次女も、そして3歳の末っ子長男もみんな大好き。特にこの「おつきみ」は、末っ子長男の大のお気に入りです。くんちゃんが手作りのエレベーターで木を登っていくところを、いつもうらやましそうに見ています。
    14ひきは、高い木の枝に細い枝を組み合わせ、家族全員が座れるお月見台をつくります。こんな特等席でお月見できるなんて素敵だなぁと、とてもうらやましく思いました。
    いよいよお月様が出てくるところは、もう言葉が出ないほど美しいです。親子で「わー」と声をあげてしまうほど感動します。こんなお月見してみたいです。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族愛

    10匹の兄弟と両親、祖父母の14匹。
    ネズミの大家族が、お月見をするためにせっせと準備しています。
    さりげない自然描写の中で、それぞれの兄弟の行動がとても微笑ましく、みんなでイベントを盛り上げようとしている結びつきがすばらしく、けっしてそれを塗りつぶしてしまわないしずかな風景が好ましく、そして月を見つめるネズミ家族のシルエットには呑みこまれてしまいました。
    明るさから夕焼けに、夕焼けから薄闇に、薄闇から満月の月明かり、時間によって移り変わる色彩がとても見事でした。
    ストーリーなど立ち入る必要もないくらいの完成品です。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息をのむ美しさ

    息子が学校で借りてきました。
    もう12月、もうちょっと早く借りてきてよ…って感じでしたが(苦笑)

    お話は何やら木に登っていく場面から始まります。高くどんどん高く…ちょっと高所恐怖症の私には想像してしまい冷や汗ものでしたが。
    上の方では足場を組んで、お月見台を作り、お供えものをして、日没を待ちます。なんだか読んでいてこちらも神聖な気持ちになってきます。徐々に日が暮れ、変わっていく空の色が美しいです。
    そして…月!
    ページいっぱいに広がる月!息をのむ美しさです。その月に捧げるのは供え物だけでなく、感謝の言葉。とても心に響く言葉でした。

    お花見はあるけど、お月見って一度もやったことがないなあ…
    時期は過ぎてしまいましたが、来年ぜひやってみたくなりました。
    心揺さぶられる素敵な絵本でした。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

141件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / おおきなかぶ / 14ひきのぴくにっく / 14ひきのせんたく / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(141人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット