あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(2) 3びきのくま ロシア民話より」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(2) 3びきのくま ロシア民話より 作:工藤有為子
絵:あべ 弘士
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784894324916
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あべ弘士さん

    全頁試し読みで読みました。お馴染みの「3びきのくま」ですが、あべ弘士さんのリアルなくまさんの絵が凄くよかったです。3びきの優しいくまさんがの絵が書けるのもやっぱり、あべ弘士さんだと思いました。でも「月の精」チュブの絵は、残念ながら私好みでは、なかったです。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的

    いろんな絵本で読んだ「3びきのくま」。挿絵が違う感じなのかと読み始めてみれば、びっくり! アイヌのことばに、月の子がでてきたりなど斬新なアレンジがなされています。夜が舞台なのもあいまって、なんとも幻想的。なじみあるお話とはまるで違う雰囲気になっていて、読み比べてみるのもおもしろいと思います。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2冊目「3びきのくま」にいいかも!

    「3びきのくま」は有名なお話で絵本もたくさん出版されていますが,こちらの「3びきのくま」はまたちょっと違った味わいがあり面白かったです。
    月の精チュプが出てきたり,夜のお話だったりと,ひと味違いました!
    違いを納得した上で読んでみると楽しいです。
    2冊目「3びきのくま」としていいかも知れませんね!

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あべ弘士さんの絵の「3匹のくま」です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    実をいうと、この絵本の絵を「あべ弘士」さんが描かれていたから、読んでみたくて探してきました。
    正直、工藤さんのストーリーは他の「3匹のくま」に比べ、かなり詩的なリズムで独創的に感じに描かれていました。

    あべさんの描く動物たちの世界は、毛並やら色合いやらが一つ一つとても楽しいです。
    それと比べてしまうと、女の子がやや(体毛が少ないからでしょうか?)平面的でした。
    窓から飛び出すシーンは面白かったですが。

    あと、あべさんの描かれる夜の森の蒼さが素敵ですね〜。

    一般的な「3びきのくま」とはまた違いますが、こういう描き方もあり。と、思ってみれば面白い1冊だったと思います。
    ただ、学校などの読み聞かせには、少々不向きかもしれません。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3びきのクマさんが住んでいる家に入り込んだ女の子。
    スープをのみ、椅子を壊し、ベッドで眠ってしまいます。
    帰ってきたくまさんに見つかってしまった女の子は逃げ出すのですが、月の子だからすっと空に舞い上がります。
    でも、月の女の子は何がしたかったのかな?
    ロシア民話よりとあるけれど、アイヌ民話風です。
    話はたわいないのですが、語り方に神秘性を感じました。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜のお話です

    トルストイの「3びきのくま」しか読んだことがなかったので、
    いろんな「3びきのくま」の絵本を読んでみることにしました。

    こちらの絵本には、「ロシア民話より」と書かれていますので、
    トルストイ原作のものを作者が再話にしたもののようですが、
    大まかなストーリーは同じなのですが、お話の出だしから
    雰囲気が全く違っていて、正直驚きました。

    どうやら本書では、夜の出来事のようです。
    鍵もかけずに出掛けていった3びきのクマたち。
    留守になったクマのお家へやって来た女の子は、月の子、チュプ。
    チュプのとる行動は、お決まりのパターンです。

    チュプの話す言葉、クマの話す言葉は、聞いたことのない言葉なのですが、
    ちゃんと日本語も併記してあるので、大丈夫です。

    場面が夜だからでしょうか、それとも聞き慣れない言葉だからでしょうか、
    とっても怪しい雰囲気が漂います。クマも、とっても怖そう!

    クマとチュプが顔を合わせるシーンでは、飛び起きたチュプがなんと、
    窓からするりと飛び出し、光となって逃げていきます。
    逃げた女の子にクマが追いつけない理由が、この本書に限っては理解できました。

    巻末の補足を読んだところ、クマやチュプが話していた言葉は、アイヌ語
    だったようです。昔からアイヌの人達は、生き物と会話するように
    暮らしていたのだとか。クマたちもアイヌ語を話していたかも知れない
    という思いから、このような話になったようです。

    いろんな「3びきのくま」を読んできましたが、本書が一番神秘的な
    ストーリーに仕上がっていたように思います。絵もお話にとても合っていて
    良かったと思います。

    いろんな「3びきのくま」のお話があるんだな〜と楽しませてもらいました。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 満月の夜、北天の地にて

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    有名なロシア民話の「3びきのくま」の絵を、
    迫力のある動物画のあべ弘士さんが描いているということで手に取りました。
    このおはなしの持つ、森の様子や、くまの存在感に迫力があります。
    3びきのくまの家に、留守中迷い込んだ女の子が、
    スープを飲み、椅子を壊し、ベッドに寝ているところに、
    くまたちが帰ってくる、とスリリングな展開です。
    再話にあたっては、北天の地アイヌの地を舞台にしたということで、
    アイヌ語がふんだんに使われています。
    もちろん、女の子の名前もアイヌ風。
    ということで、特殊な表記もあるため、音読はとても難しいです。
    発音が見当つかないので、本物の発音で聞いてみたいものです。
    でも、その世界観は、アイヌの人々と相通じるものがあって、
    とても深みのある再話になっていると思います。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット