おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん 作:いしいしんじ
絵:ほしよりこ
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784894324909
評価スコア 3.17
評価ランキング 36,849
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤いリトマス試験紙

     先日『絵本の心理学−子どもの心を理解するために』などの著書がある教育学の佐々木宏子先生の講義を聴く機会があった。
     その中で「昔話の面白さと深さ」という単元で、この絵本を紹介されていたのが、読むきっかけになった。
     『赤ずきん』という昔話は誰でも知っているだろう。もともとが民話の類だったようで、それをペローが作品に仕上げていったといわれる。
     グリム童話で読んだ人も多いだろう。
     この作品を佐々木先生は「世代で解釈出来る物語」と位置付けて、さらには「世代間継承で変化する物語」として、いしいしんじ氏のこの絵本を紹介したのだ。

     作者のいしい氏は1966年生まれ。(絵は『きょうの猫村さん』のほしよりこさん)
     ペローやグリムの時代から遠く隔たった世代である。
     ここでは「赤ずきん」というのは記号のようなものでしかない。きっとタイトルと表紙絵でこの絵本を手にした読者はびっくりするだろう。
     「えっ、これが『赤ずきん』?」って。
     「あたい赤ずきん」という女の子はいくつぐらいだろう。マグロ船ドンデコスタ丸で出ていったジローの帰りを待っている。
     彼女の「赤ずきん」は透明で、まわりの人には何も見えない。でも、彼女の目には「真っ赤っ赤」に見えるし、今はいないジローにも真っ赤に見えたはず。
     そんな話ってある?

     「赤ずきん」とジローは嵐の晩の箱根ターンバイクで一緒に走ったことがあるらしい。
     その時、ウィンドゥから半身を乗り出した彼女は真っ赤な「赤ずきん」をなびかせていた。
     そんな「赤ずきん」の話ってある?
     佐々木先生は「時代を越えてよみがえる」から昔話は面白いと話されたが、私にはどうにもこうにも。
     佐々木先生は「親の世代が「理解できない」ことを排除するならば、新しい価値は生まれない」というが、この作品には「裸の王様」のような仕掛けがありはしないか。
     「赤ずきん」なんか見えないよ、というべきではないか。
     それともやはり、彼女とジローに見える「赤ずきん」を愛の記号として認めるべきか。
     あなたは、この感覚についていけるだろうか。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が知っている赤ずきんとは別物

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    私が知っている一般的な「赤ずきん」のお話とは別物でした。
    『あたい赤ずきん。スカ生まれのスカ育ち。犬は飼ってるケードー、透明な犬であたいにも見えないんだ。』といった感じの語り口です。
    好きな人は好きな作品となるのでは?
    正直私にはよくわかりませんでした。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • また違った味わいが!

    有名なお話である「赤ずきん」。
    でも絵本としてそれぞれ読んでみたら,文章やイラストでこうも雰囲気や味わいが違うとは!
    「赤ずきん絵本」はたくさん出ているので,読み比べてみると本当に面白いです。
    こちらの絵本は2冊目「赤ずきん」としていいかもですね!

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぷぷぷ!

    • アンコパンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子0歳

    あたい赤ずきん。。
    あれっ?!赤ずきんちゃん読んだんじゃなかったっけ?!と、思わず表紙を確認してしまいましたw

    思ってた赤ずきんちゃんと違うけど、おもしろーい!ゲラゲラ笑う感じじゃないけど、プププって笑っちゃう赤ずきん。
    新しいなー!

    おおかみ、透明なんだーw
    大人が楽しむ赤ずきん!出会えて良かった一冊です。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ずきん、とは違う

    グリム童話の「あかずきん」とは、まったく別のものです。ご注意を。
    「あたい赤ずきん」で始まるお話は、かなり個性的でした。
    言葉遣いや表現が独特の世界なのだと思います。
    好みがわかれる作品かなー。

    とにかく、グリムの「赤ずきん」を期待しないで読んでください。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.17)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット