庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

不幸な子供」 みんなの声

不幸な子供 作・絵:エドワード・ゴーリー
訳:柴田 元幸
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784309264974
評価スコア 3.4
評価ランキング 36,422
みんなの声 総数 4
「不幸な子供」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたりまえの幸福

     まず、子供に読み聞かせるとしたら、その反応をどのように取り扱ってよいのか、私にはわかりません。あくまでもオトナの私が読んだ感想です。
     一つの不幸が、次の不幸を呼び、更に不幸が連鎖していく。まさかそんなに不幸ばかりが続くわけがないと、頭の中で物語を否認する。
     でも、こういうことは起こり得る。
     今の日本では?まずめったにこの物語のようにはならないだろう。どこかでなにかしら救いの手段がある。でもほんの少し前の日本だったら?あるいは現代においても、国によっては?
     この物語が完全なフィクションだと、地球のどこにいても言えるようになることが今の私の願いです。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怖ろしくて頭から離れない

    これでもか!という不幸に襲われ続ける少女のお話しです。

    孤児になり、いじめられ、犯罪事故に巻き込まれ・・・
    怖ろしすぎます。

    お話は淡々と進んでいきます。
    どこまでも”不幸な子供”。
    モノトーンの絵が重いです。

    図書館で見かけ自分が読んだのですが、
    強烈なインパクトで忘れられません。
    最後がめでたしめでたし以外のお話しも
    読んであげたいと思うのですが、
    これは子どもに読むのには躊躇しました。

    好きなお話しかと聞かれれば「好き」とは答えられないけれど
    一度読んだら忘れられない、気になる本です。

    掲載日:2010/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 間違いなく、大人の絵本です

    表紙からしてもう、不穏な雰囲気が漂っているのですが
    内容はもっと悲惨です。

    読んでいるうちに暗い気持ちになってゆくのですが、
    もちろん救いなどはありません。

    最後まで、ただただ、暗い展開が続くのです。

    気持ちが落ち込んでいる時に開いたら、
    引っ張られてしまいそう・・・。

    ゴーリーファンのかたには、おすすめです。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哲学的

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    うーん・・・読んだ後にこんなにも複雑な気持ちになるのはある意味、作者の意図することにはまっているのでしょうか?

    これは絵に見せられて借りてきました。

    細やかな線の独特なタッチで絵の雰囲気は好きです。

    タイトルでおお?と思ったけど絵本だから最後はハッピーエンドだと
    思っていたのですが・・・

    娘も『本当に不幸やな・・』と言葉がでない感想でした。

    普通に生活していても災難は突然やってくる!って感じでしょうか?

    ある程度大きなお子さんや大人にはブラックユーモアとして受け止めることができるかもしれませんが・・

    絵本というのにはあまりふさわしくない内容だと感じました

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / あるげつようびのあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット