しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

クグノタカラバコ」 みんなの声

クグノタカラバコ 作・絵:いとう ひろし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784035283805
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,283
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あなたの宝物はなんですか

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    子どもって、なんでそんなものを、というものを集めていたりしますよね。カエルににた石だったり、砂浜でひろった貝だったり、学校の給食に出る牛乳ビンのふただったり(最近は、紙パックの学校が多いですね。)、なかにはアリやダンゴムシをビンに入れていて、大人をギョッとさせる子どももいますよね。それらが「宝物」として、ゴチャゴチャと机の引き出しの一つに集められていたり、ダンボールの箱にしまわれていたりするんですよね。

    「宝物」を集めている子どもたちにしてみれば、きっと意味があるものなのでしょう。それぞれにその子どもだけのエピソードがあるのだと思います。

    クグノタカラバコもそうです。
    水鉄砲だったり、パンだったり……。これらにもクグがタカラバコに入れておくだけの価値がある、おもしろいお話があるんです。
    クグノタカラバコの宝物は、「クグの博物館」にあります。道に迷って5分のところにです。きっと、自分の宝物と同じように、クグの宝物の価値がわかる子どもなら、すぐに道に迷えることでしょう。
    でも私には迷う自信がありません。集めている宝物がないのです。残念です。

    小学中学年くらいが対象だと思います。この本を読む子どもたちの宝物はなんなのでしょうね。気になりますね。

    掲載日:2010/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いけど深いお話

    いとうひろしさんの世界が好きなので、図書館で手に取りました。

    「クグノタカラバコ」→クグさんの宝箱、という意味なのですが、これは実はクグさんが設立した博物館の名前なんです。
    この博物館が、一筋縄ではいかないクセモノです。

    この本を読んだ息子がまずウケたのは、道に迷わないとたどり着けない不思議な立地。とある街から「道に迷って約5分」ですって。
    このフレーズに、息子は大笑いでした。

    そして陳列してあるモノたちがまたすごいのです。
    安っぽいプラスチックの水鉄砲、食パンが一枚、などなど。
    でも、それぞれのものにまつわるクグさんのお話に、ひきこまれます。
    いとうひろしさんの不思議ワールド全開の、なかなか深い味わいがあるお話です。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語りかける内容は深い

    新刊コーナーで見つけました。表紙を見て息子が「いとうひろしだ」と確認していました。

    不思議な題名ですが、クグが集めた宝物、他の人から見たらガラクタということもありますが、宝物の博物館のお話です。

    しかも迷子にならないと行けないところがとてもユニークです。

    自分なりの宝物が捨てられないというのは、そこに詰まった思い出・思いが捨てられないことと通じます。

    一見おもしろ話のようにも思えましたが、内容的には深いものがあるなあと思いました。

    地球をサンドイッチする話では、環境破壊を憂うる一面がありますし、ユーレイのお話では、生きていることと死ぬことを思いました。

    おもしろい話のようでありながら、語りかける内容は深いというのは、いとうひろしさんならではだなあと思いました。

    私は息子に読み聞かせをしましたが、一人で読むなら中学年ぐらいからだと思います。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット