おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

まさかりどんがさあたいへん」 みんなの声

まさかりどんがさあたいへん 作・絵:かこ さとし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784338081245
評価スコア 4.21
評価ランキング 16,055
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大変な力作です

    かこさとしさんのこだわりには、とてもエネルギーを感じます。
    単に楽しませるというにとどまらず、知識の宝庫、想像力のホームセンターといった隅々までいろんなものを書き込む、潔癖性のような作品が多いと思います。
    その中でも、この作品は群を抜いているのではないでしょうか。
    まさかりどんが何をやらかすのかと思ったら、次々と色んな道具が登場します。
    大工道具にとどまらず、裁縫道具、電工道具、こんなに色んな道具があったのかと思ったら、次々と色んな物を作って終わってみたらちゃんと物語になっています。
    リズミカルな文章に煽られるものだから、読んでいる方もさあ大変な絵本です。
    面白く読み終わったら、じっくりと道具をチェックしておきたいですね。

    掲載日:2015/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘たち大喜び

    6歳長女4歳次女に読んだのですが、意外に意外。はまっていました。男の子がきっとはまるだろう絵ですが、さすがかこさとしさん。女の子の心もつかんでいました。何を作ってるのか、興味津々で出来上がったときは、親子でびっくり。この表紙からこんなものができるなんて。文章もリズミカルでとても良かったです。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいへんがたいへんでたいへんだ。

    いっぱい道具が登場しすぎ!で、楽しいです。
    次から次へと道具が出てきて、なんだかいろんなものを作って大忙しな感じと、「さあ、たいへん」のリズミカルな口調がぴったりで、たいへんたいへんな感じです。
    さすがのかこさとしさん、という感じの絵本です。
    ほんとに道具いろいろ、おとなも勉強になり、楽しく読めます。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らない道具

    名前は知っているけど、詳しくわからない道具がたくさん。
    道具って本当にたくさんあるんですねー。
    驚きました!
    息子はドライバーとかネジとか大好き。
    男の子だからかな?興味があるみたいです。
    言葉にもリズムがあるし
    親の私が読んでも楽しめます!

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賑やかな道具たち

    賑やかな道具たちの登場にびっくりです。なにが出来上がるのかとても愉しみです。一つの物を完成させるのにいろんな道具が協力して携わっているのだと思いました。でもとても楽しそうに椅子を完成させたり、ピカピカのピアノが出来上がったり、ひらひらスカートに、スーパー・ウルトラ・ロボットを作ったりして、ひっちゃめっちゃになったり、とても賑やかです。道具たちは自分の登場にとても嬉しそうだし、役にたちたいと心構えが素晴しいと思いました。どうせ仕事するなら楽しくやりたいと思いました。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの道具が出てきます

    子供が「からすのパンやさん」大好きなので「かこさとし」さんのこの絵本を読みました。
    パンやさんほど大喜びしていなかったですが、1本の木から沢山の道具を使って物が作られ、物をつくる工程が楽しめます。

    掲載日:2010/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 道具の名前がたくさん!

    だるまちゃんシリーズのファンなのでぜったいおもしろいと思って読んでみました。

    道具はしっているけど、名前を知らなかったものがたくさんあってとても興味深い絵本でした。
    娘がもう少し大きくなったら、物をつくる過程と工具の名前を一緒に勉強したいです。

    文章もリズミカルに読めるので、大人も子供も楽しめる絵本だと思いました。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感

    リズミカルに勢い良く読める本です。
    色々な道具達が登場します。よき、ちょうな、おおなた、きり、のみ、いとのこ、等々・・・本当にたくさんの種類が登場するので、娘に「これは?」「これは?」と聞かれてちょっと大変なくらいです・・・。
    何かを作り上げていくという過程って面白いですね!
    娘も何が出来るんだろうね?と興味津々に見ていました。

    なんといっても、リズム感があって、読む側も面白いです。
    読み終わった後は達成感すらあります!
    読み手も聞き手も楽しめる一冊です。

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何ができると思う?

    読みたい本が見つからない時の「かこさとし」ということで、借りてきました。

    まさかりどんだけでなく、色々な大工道具、工具たちが活躍します。

    非常にテンポの良い文章で、スラスラと話が運ばれていくのが印象でした。

    息子と、「何ができると思う?」と当てっこしながら読むのが楽しかったです。

    特にロボット部品のところを感心しながら見ていました。

    掲載日:2008/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした真剣勝負

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    まさかりどんがやってきて、おおきなきをどすんとたおすところから始まるこの絵本。

    さあたいへん、さあたいへんと次々に道具が出てきて、いやあ出てくる出てくる、
    よき、ちょうな、なた、のみ、きり、とんかち、かなづち、のこぎり、
    かんな、ちょうこくがたな…こんなもんじゃない、まだまだたくさん。

    テンポ良く、リズミカルにどんどんどんどん読んでいく。このへんは
    さすがかこさとしさん!

    初めて読んだとき、「よき??」「ちょうな??」と最初の部分にとまどったけど、
    そこさえ過ぎたら気持ちよく最後までスピードを落とさずに読めた♪
    多分、聞いている娘よりも私の方が楽しんでいます。

    読み終えたときの充足感がたまらない。ちょっとした真剣勝負。

    掲載日:2008/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット