しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

新装版 ちいさいモモちゃんえほん うみとモモちゃん」 みんなの声

新装版 ちいさいモモちゃんえほん うみとモモちゃん 作:松谷 みよ子
絵:武田 美穂
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784061324060
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,140
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海とじゃんけん

    オバケがとっても好きだったので、今回こちらを図書館で
    みつけてうれしくなって借りてきました。

    ももちゃんは海とじゃんけん。
    3回して3回とも勝ってしまうももちゃん強い!
    海をみて怖いと泣いていた時とは違うとこれでも
    強調しているように受け取れました。

    でもやっぱり海は力強くて激しい波には勝てない。

    そんなことを感じられる1冊です。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海のじゃんけん

    海へ来た、モモちゃん。
    何をして遊ぶのかなと思ったら、何と「じゃんけんぽん」でした。
    海のじゃんけんは、面白いですね。

    そして、嵐の海は、迫力がありました。
    波は、本当にウサギがはねているように見えて、子供が見入っていました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • モモちゃんワールド炸裂

    母は年季の入ったモモちゃんファン。娘もまだ絵本体験しかありませんが、モモちゃん大好きっ子。
    武田さんの絵で大判の新装版が出ているなんて嬉しくて、さっそく読みました。

    相変わらずモモちゃんワールド炸裂なのですが、嵐のまま終わっちゃうには絵と文章がなんだかな〜。どちらも単体では悪くないのですが、う〜ん。

    じゃんけんのところは、覚えていました。小3で読んで、二十歳過ぎに再読しただけなので、自分でびっくり。楽しかったのだろうなぁ。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嵐のままおわっちゃった

    小さなモモちゃんが波の音をこわがらなくなり、海とじゃんけん
    グーチョキパーを海がモモちゃんに表すのがカニだったりヒトデだったりでかわいいお話。
    と読んでいたら最後は海が嵐になって窓からさびしく見つめるモモちゃんで終わりでした。
    晴れて、また元気よく海を散歩と思っていたのでイメージは違いましたが、3歳の娘は年頃が近いので気に入ったようでした。
    ただ、娘自身が読むには字が多いので読み聞かせでした。
    自分で読めるとまた違うのかなーと読んでいます。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット