うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

いとしの犬ハチ」 みんなの声

いとしの犬ハチ 作・絵:いもと ようこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784061324077
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,712
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 深い愛情

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    「ハチ公」のお話は聞いたことはありますが、絵本で読むのは初めてです。
    結末が分かっていても、後半の待ち続けるハチに涙がこみあげてきました。
    忠犬と呼ばれるだけあって、その忠実さが印象的なお話ですが、
    そこにはしっかりと深い愛情があることが、とてもよく伝わってきます。

    いもとようこさんの描く動物は優しさに溢れていて、見ているととても温かい気持ちになります。

    我が家の一員としても犬がいます。
    今もレビューを書いている私の足にピッタリ寄り添って寝ています。
    犬の温かさに触れる幸せを改めて感じました。

    掲載日:2009/10/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • いもとさん

    いもとさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公の笑顔がとても印象に残り、感動できる絵本でした。私がまだ子供のころにも読んだことのある内容でとても懐かしく思いました。主人公がご主人をとても愛している気持ちがひしひしと伝わって繰る描き方はさすがいもとさんだなと思いました。特に雪が降り積もる場面に感動しました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛すること

    誰もが知っている忠犬ハチ公のお話ですが、こうしてじっくり読んだのは、初めてだったかもしれません。
    ハチの健気さ、一途さ、忠実さが、どのページからも伝わってきて、
    最後は涙なしには読めませんでした。

    いもとさんの描く愛らしい表情のハチとは対照的に、物語はあまりにも悲しく、「フランダースの犬」を思い出しますが、大好きな人を待ち続けたハチの一生は、私たちが思うよりもずっとしあわせなものだったのかもしれないな、という気もしました。
    人を愛することも、人から愛されることも知らずに、生涯を終えていく
    人が増えている現代で、たとえ短い時間でも、一生分の愛情を受け、人を愛し続けることができたハチは、少なくとも、生みの親に虐待されて、幼い命を落としていった子どもたちよりも、はるかに、はるかに、しあわせだったはず、とそんな気持ちになりました。

    心優しく、悲しみに対してとても敏感な娘は、「悲しいお話だった・・・」と言ったきり、何も話してはくれませんでしたが、
    いつか、悲しさよりも、愛することの素晴らしさをわかってくれる日が来たらいいな、と願っています。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 感動の名作

    忠犬ハチ公のお話はとても有名ですし、以前からもちろん知っていますが、いもとようこさんの優しいイラストと共に味わうとまた更に感動しました。
    最後の結末はわかっているのに、やはりハチの忠誠心あふれる姿や、何の疑いもなく、毎日飼い主を思って通うけなげな姿には涙を流してしまいました。

    最後の死んでしまうシーンでは、飼い主さんがやっと迎えに来てくれたという描写があります。そのシーンは、マッチ売りの少女を思い出しました。

    次の世代へも引き継ぎたい感動の名作です。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高の絵本

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    7歳と9歳の子供たちに読み聞かせしました。
    最後の方は、読んでいる私も、聞いている子供たちも涙目になって、声を詰まらせながら最後まで読みました。読み終えてから、3人で抱き合って泣きました。
    今まで数多くの絵本に触れてきましたが、3人同時に号泣したのはこれが初めてです。心揺さぶられるお話ですので、多くの方に読んでいただきたいと思います。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動します。

    有名な「ハチ公物語」のお話です。
    可愛らしい絵と優しい文面で幼稚園児くらいから読み聞かせできる絵本だと想います。
    4歳幼稚園年少さんの娘に読み聞かせましたが,親の私の方がうるうるしてしまいました。
    先生とハチの絆,先生を待ち続ける一途なハチの姿,涙を誘う絵本でした。
    娘も真剣に聞いていましたが,どこまで理解したでしょうか。
    もう少し大きくなったら自分で読んでほしい絵本ですね。
    その時の娘の感想が楽しみです。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忠犬ハチ公

    いもとようこさんの描く忠犬ハチ公は、動物の大好きないもとようこさんだから家族のハチへの思い、愛情がとても素直に伝わってきて読んでいてもハチがとても愛されて幸せだったんだと思いました。絵があたたかくご主人様に愛されてる様子が伝わってきてよかったです。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忠犬ハチ公

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    タイトルだけだと忠犬ハチ公っぽいな、と思っていたら本当にあの忠犬ハチ公のお話でした。
    有名なハチ公ですが絵本で読むの初めてです。
    10年間もご主人様を待ち続けるなんて…。
    犬ってすごいですが中でもこのハチは特別だったのでしょうね。
    ご主人様とハチの絆に感動します。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しいけれど、とても素敵な物語

    いもとようこさんの暖かい絵と文章に、
    心をぎゅっと掴まれました。

    ハチが先生と再会する場面では、涙がボロボロボロ・・・。

    あらすじは知っていましたが、
    しっかりと読んだのは初めてでした。

    ハチの健気な姿に、きっと誰でも心を打たれると思います。

    悲しいけれど、とても素敵な物語です。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙が止まりません

    いつまでも、先生を一途に思い続けるハチの姿に、胸を打たれました。
    先生がどれだけハチを大事にしていたのか、ハチがどれだけ先生のことが大好きだったのか、この絵本の中には、たくさんの愛が詰まっているように思いました。
    途中、ハチに向けられた「きたない犬」「バカな犬」などの心無い言葉に、憤りを感じました。
    最後に先生と天国で会えたんですね……その場面に救われました。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット