だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

昔話に学ぶ「生きる知恵」 馬鹿の鏡」 みんなの声

昔話に学ぶ「生きる知恵」 馬鹿の鏡 作:藤田浩子
絵:小林 恭子
出版社:一声社
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784870771895
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まずは、大人が熟読すること!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    「馬鹿」って?題にしていいのかな?
    どうして、「鏡」なのかな?

    「バカって言っちゃだめだよ。自分が言われたら、気持ちいい?嫌だよね。自分が嫌なことは、したり、言ったりしてはだめだよ」などと、保育士の時、息子を育てている時、いい子ちゃんぶっての模範?偽善?解答ばかり言っていたような・・・(*_*;

    きれいごとではすまされないこといっぱいの世の中。
    家族の形態、地域社会の変化、人間関係の希薄さ、子育て環境のめまぐるしい変化・・・。
    伝えたいことが伝わっていない・・・と、感じることが多いこの頃。
    藤田さんの冒頭の文章、「ひとこと」に強く頷くしかありませんでした。

    おはなしを通して、反面教師として、気付くことがいっぱい。

    「笑われないように生きる」ことと「もっとおおらかに笑いあいながら、恥をかきあって生きればいい」。すばらしい、メッセージです。

    子どもに語る前に、大人がじっくり読んでみてください。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット