もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ペンギンの あかちゃん」 みんなの声

ペンギンの あかちゃん 作・絵:鎌田暢子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2009年08月
評価スコア 4
評価ランキング 18,284
みんなの声 総数 10
「ペンギンの あかちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夫婦で育てること

    皇帝ペンギンという映画を見たことがあったので、その内容を完結に分かりやすく書いてあるなっと思いました。
    子育ての真髄というか、お父さんも積極に育児に参加する様子が書かれています。(ペンギンだからですが)

    卵を交互に温めて、食事を交互に与えて、お父さんとお母さんと一緒に眠る様子が書かれています。
    健気に子育てしているお父さんがとても良い感じです。
    2人にとても愛されている仕草に、優しい気持ちになれます。

    みんなで一緒が一番気持ちがいいよね。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンのあかちゃんて白くてふかふかで…こんなに可愛いんだぁ!

    おかあさんのお腹の下に、ぴったりひっつく姿に癒されます〜。

    これから、おとうさんとおかあさんにめいいっぱい愛情を注いでもらって、大きくなっていくのですね…

    なんだかペンギンのあかちゃんが、羨ましくなっちゃう絵本でした。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子のつながり

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    2歳10ヶ月の息子に読んであげました。水族館でペンギンを生で見たこともあるし、動物の絵本が大好きなのでこちらもすぐに気に入ってくれました。

    内容はペンギンの夫婦が卵を温める所から始まり、餌をもらい、ウンチをし、そしてお父さんお母さんと一緒に眠る。
    単純で当たり前な流れですが、普段日常では見る事の出来ないペンギンの生態に、子供が触れるいいチャンスだと思いました。
    ビデオやテレビで見て学ぶ事も出来ますが、お母さんの声で読み聞かせしながら学ぶ事は、とても素敵に思えます。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親のあたたかみが伝わる本

    表紙の絵のように、パパ・ママに包まれて育つペンギンのあかちゃんの話です。ペンギンの優しい眼差しが印象的で、温かい気持ちになれます。こんな風に育ててもらったんだと、わかってもらえるとうれしいですね。

    掲載日:2011/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンが好きなので

    1歳の娘と一緒に読みました。娘はペンギンが大好き。「ペンキ、ペンキ」といいながらエリック・カールの絵本に登場するペンギンのページを何度も何度も見ていたので、それならばとこのペンギンが主役の本を読みました。娘は大喜び。お話も親子の温かいストーリーでとても良かったです。一生懸命卵を暖める親の姿が素敵でした。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    水族館へいったのでペンギンの絵本を読みました。
    赤ちゃんの様子が優しく描かれていて
    ママもパパも一緒でいいですね。
    ほわほわした毛の感じが私も癒されます。

    ぺんぎん、というともう分かります!
    赤ちゃん絵本ですが、ペンギンの動きが分かる絵本と思います。

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかな気持ちにさせてくれる絵本

    育ててくれるお父さんお母さんの愛情、ぬくもりがたっぷり感じられる絵本です。

    お父さんお母さんにあたためられて産まれたペンギンの赤ちゃん。
    ご飯をもらって、ウンチをして、一緒に眠る。
    お母さんのお腹の下はあたたかい。
    「いいきもち」

    真っ白な毛に黒い瞳の赤ちゃんがとっても可愛く印象的です。
    繊細でやさしさに溢れた絵が、絵本の内容とピッタリ。
    あたたかな気持ちにさせてくれます。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんも出てきます

    お話会で読みました。

    一昔前の赤ちゃん絵本なら、お母さんと赤ちゃんという設定が多かったのですが、この本はペンギンということもあるのでしょうけれど、

    お父さんも出てくるのが印象に残りました。

    最近の赤ちゃん向き絵本では「くっついた」などお父さんが出てくるものが登場しているのでその流れでもあるのでしょうか。

    ペンギンの赤ちゃんが生まれてから、えさをもらって食べているところ、家族に見守られて成長していること、暖かくほのぼのとした雰囲気のある本だなあと思います。

    絵も派手さはなく落ちついた雰囲気があるのがいいなあと思います。

    掲載日:2010/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママもパパもね。

    まずやさしい感じの絵で癒されます。

    そしてぺんぎんのママとパパが交互にあかちゃんに食事を
    与えるところで「ママとパパもさ〜ちゃんにミルクあげたんだよ〜」と
    お口にミルクを運ぶマネ。
    子供も「あ〜〜ん」と飲むマネをします。
    その後、ぺんぎんのあかちゃんが「ぴゅ〜」とウンチ。
    子供も「ぴゅ〜」と楽しそうに声だします。

    読んでて、心温かくなりますね。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 012

    ”こどものとも012”シリーズだったのでこの絵本を選びました。一生懸命協力して子育てをする夫婦の姿が素敵でした。二人いるのを上手く生かして交替でご飯を与える様子に特に感動しました。ペンギンがどの様に用を足すのか知らなかったので学ぶ事が出来たのも良かったです。毛並みがふわふわの赤ちゃんがとても可愛らしかったです。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット