雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

ちいさないきもの」 みんなの声

ちいさないきもの 監修:日高 敏隆
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1997年04月
ISBN:9784564203046
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,290
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図鑑と同じくらい読んでいます

    幼稚園のころから愛読している本の一冊です。むしのほうも持っているのですが、こちらは図鑑よりも易しく、読みやすいわりに情報もしっかりしていて、小学校になってからもよくページをめくっています。

    暮らしと飼い方が詳しく載っているので捕まえてきたものを飼うときも非常に参考になります。
    池、川、海、干潟・・
    分類されていますのでメジャーなものならば大体調べることもできるので手っ取り早いようです。

    図鑑もいいけれど、この本もかなり永く愛読できるなーと思っています。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「小さな生き物」という分類

     めだかとおたまじゃくしを捕まえてきたのを機に購入した本の1冊です。図鑑にしようかどうしようかと迷ったのですが、「広く浅く」よりも、1つの生き物に関してより詳しく、という視点から、この本を選びました。
     1番の理由は、題名のとおり、「ちいさないきもの」としてまとめられていること。図鑑のように、「両生類」「魚」「昆虫」などで分類されてしまっていると、おたまじゃくしのために1冊、めだかに1冊、と必要になりますが、この本なら、ザリガニからカタツムリ、トカゲなどまで、これ1冊でOKです。

     この本で、カエルの種類もたくさん学び、うちのおたまじゃくしが、どのカエルになるのかも確認することができたのですが、ヒキガエルが14cmにもなると知り、「今度はアマガエルのおたまじゃくしを捕まえてこようか。」と、話しました!

    掲載日:2010/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味のある“いきもの”が詰まっています

    我が家にザリガニがやって来た日、生態やエサを調べるついでに、以前から欲しいと思っていた水に住むいきもののガイドブックとして購入しました。
    一般的な図鑑ではまとめられない(カエルやトカゲにカタツムリ、カニやクジラからミミズまで)広い分類のいきものが一冊に、ぎゅっと詰まっています。
    身近ないきものを調べたり、飼うことについては図鑑よりも詳しくて、日常のなかで重宝する一冊だと思います。
    飼うことが書いてあると、手を出しづらいお母さんもいるのかなという見方もありますが、買うことになったら強い味方になってくれること間違いありません。
    初めての“いきもの図鑑”としてプレゼントに使うのも良いと思います。
    我が家ではまだまだ使い始めたばかりですが、同じシリーズの「むし くらしとかいかた」のように、ボロボロになるまで活用してくれるといいなと願う父です。

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名人です!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    同じシリーズの「改訂版 むし くらしとかいかた」と一緒に、
    この本もぼろぼろになるまで、愛用しています。

    こちらは、あめりかざりがにやかえるなど、
    虫以外で、家で買えるいきものたちが載っています。

    我が家では、さわがにを飼っていました。
    冬越しもしましたが、次の年の夏に、暑さで死んでしまいました。
    そのときは、とても悲しかったです。

    そのほかに、すじえびを飼っています。
    現在、熱帯魚と一緒にいます。
    おいかわは、きんぎょと一緒に飼ってます。

    あまがえるは、毎年捕まえては、その場で逃がしてました。

    やどかりは、育てるのは難しいです。

    かたつむりも飼ってました。
    なめくじは嫌いですが、かたつむりは、かわいいと思います。

    とかげとかなへびは、娘の大好きないきもの。
    毎年、山に行っては、捕まえてきます。
    名人です。

    そのほか、育てるのはちょっと・・・という生き物も載っていますが、
    お子さんに、興味があれば、手にとって見ては?

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット