庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

はなこ 八月七日にひろったこねこ」 みんなの声

はなこ 八月七日にひろったこねこ 作:なりゆき わかこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784591108321
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「はなこ 八月七日にひろったこねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ストレートに心に響く感動作品

    飼い主(女の子)と子猫のどこにでもありそうな日常、そして誰にでも起こりえそうな失敗と後悔。生命や友情の大切さがわかりやすく描かれていて、ストレートに心に響きます。悲しい場面もありましたが、その出来事を経て女の子が悲しみを乗り越える過程が感動的でした。

    挿絵がとても可愛いということもあり、5歳の娘にはこねこのかわいいところばかり目に映るようで、少し早かったかなと感じています。
    親の私はストーリーを、娘は絵を、と気に入った観点は違いますが、
    親子でお気に入りの1冊になっています。娘も小学校に入るころには、ストーリーの良さも理解できるようになるのではないかと思いますし、長く楽しめる本だと思います。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分を責めてしまうと

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    家庭でペットを飼うということは、必ず「死」を迎えることも同時に経験する事を心していかなければならないんですね
    寿命ならともかく、事故や病気も多いようです・・・
    ともこは事故で死んでしまったはなこを自分のせいだと責めてしまい、言葉を失ってしまいます・・・

    以前事故で愛犬を亡くしてしまった友人は「私が窓を開けなければ・・・」と泣きながら自分を責めていた事を思い出しました
    大人でもつらいのに、子どもの心を思ったら想像つきません・・・

    ペットといえども大事な「いのち」を預かることに違いはありません
    ブームに流されるのではなく、命の大切さを伝えるチャンスとしてとらえる、きっかけになるお話です

    小学校低学年で充分に読めます

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けます

    八月七日に猫のはなこを拾い、女の子が育てます。
    しかし、残念な事にはなこが亡くなってしまいました。
    主人公の女の子の気持ちが、文章と絵を通して低学年の子どもにも解りやすく重く考えさせられました。
    動物を飼うと言う事の命の尊さを教えてくれる素敵な本です。
    親子で涙する作品でした。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペットを飼うということ

    主人公の女の子が飼いネコを愛する様子
    お友達とうまくいかず、イライラする様子
    ペットを喪い深く傷つく様子
    自分のせいで飼いネコを喪ってしまったと後悔し悲しむ主人公。
    彼女を心配する家族。
    どれも重く伝わってきました。

    最後は主人公が前向きになってくれるので救われました。
    ペットを飼うことが、命を預かることだとしっかり伝わります。
    ペットを欲しがっている娘にも
    考えさせられる内容だったようです。

    ペットとの別れを経験したことのある人は涙する内容かもしれません。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット