だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

直江兼続 愛と義に生きた武将 天下人徳川家康にいどむ」 みんなの声

直江兼続 愛と義に生きた武将 天下人徳川家康にいどむ 作:小西 聖一
絵:牧田廣美
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784652016510
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「直江兼続 愛と義に生きた武将 天下人徳川家康にいどむ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子の天地人

    息子が学校から借りてきた本です。
    私の父親の大河ドラマ好きに刺激されたのか、買い与えた「日本の歴史シリーズ」のおかげか、はたまたたまたまなのか、テレビの「天地人」をそろって見ることになった我が家。
    正直申せば、私はこの年まで直江兼続という人物を知りませんでした。
    私もこの本によって新たな発見をしました。
    この本の良いところは、児童向けに書かれていることに加え、ひとつの推論で歴史を語っていないところです。
    史実は史実として説明し、間を埋める不確かな事実については、実際の資料を使ったり、史実の断片を使って「こう言われているけど、本当はこうだったかもしれない」とわかりやすく説明しているところです。
    書かれたこと、聞いたこと、見たことを単純に鵜呑みしてしまう子どもたち(大人もそうですが)にとって、歴史を語る時とても重要なことだと思います。
    これからのドラマの展開が楽しみになった父子でした。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    2

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット