大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ちびだこ たこらす」 みんなの声

ちびだこ たこらす 作:安江 リエ
絵:いまきみち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2009年08月
評価スコア 4
評価ランキング 18,322
みんなの声 総数 9
「ちびだこ たこらす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい海のようす

    たこらすの歌ううたが可愛くて、楽しい気持ちになります。
    絵ではなく刺繍で表現されており、まるで作品集のようでもあります。
    どのページも、丁寧で可愛いです。
    海の中の楽しい様子が伝わってくるようで、小さなお子さんでも楽しめると思います。

    掲載日:2016/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちびだこの1日

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    たこの手袋人形があるので
    関連絵本を探していました

    刺繍のようです

    おはなしは、小さい子向けかな

    小さいながら
    小さいからこそ
    いばりたい?なんでも出来るよ〜!みたいな
    感覚で遊びに出かけちゃう

    キケンも伴いますが
    やっぱりこういう冒険は大事だよね

    やさしいはたりさんや
    最後には・・・

    それで、ホッとして
    たこらすったら、もう明日のことを考えています

    こどもって、本来そうなのかもね

    掲載日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮でした

    絵というか刺繍なのでとても新鮮でした。
    親の私がじっくり見入ってしまいます。
    たこらすは、動きもあって
    楽しそうに歌います。
    でも二歳の息子には分かりずらかったかな。
    刺繍なのではっきりしていないためかもしれません。

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り!

    小さなタコが、海の中を気持ちよさそうに散歩する様子がとても楽しそうに書かれています!
    そして刺繍で丁寧に描かれている絵も素敵ですよ!!


    息子は途中に出てくる歌がとても気に入ったようで、
    あっという間にその歌を覚えてしまい、自分でも歌っていました!!

    色々な経験をして、最後にはお母さんの所へ戻っていくのですが、
    最後に戻る所はやっぱり母親のところなのね!
    と、同じ母親としてちょっと嬉しくなった絵本です☆

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌がいいね

    一日中歌を歌って暮らすちびだこのたこらすがいいなあって思いました

    たこらすが、海の中を探検するので一緒に海の中の様子がわかって楽し

    いです。刺繍で描かれていて色使いもとても綺麗です。

    とても丁寧に一針一針が綺麗に仕上がっています。

    はたりさんに助けられて、海の世界も親切な仲間がいて嬉しかったです

    海の中がとても綺麗でうっとりしました。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっぷさっぷ。

    ユニークな題名につられて読み始めました。
    たこらすがイキイキと動き回る間の
    「ぼくはちびだこたこらすだい」という文章が
    とても調子よく響いて楽しげです。
    近所のおじさんに叱られたり おばさんに甘えたり・・・
    こんな風に、子供が過ごせたらいいのになぁと思います。

    掲載日:2010/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌が楽しい

    • ほしのさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    子どものタコ、たこらすが、海の中をお散歩するお話。
    「ぼくは ちびだこ たこらすだい、ちいさいけれど あし 8ぽん」などと歌いながら泳いでいます。
    そして、いろんな海の生き物と出会い、楽しんだり叱られたり、怖い思いもします。また、優しいエイに助けてもらったり。

    そして帰ってくるのはお母さんのところ。
    最近、いろんな絵本を読んでいて、冒険したりして、そして最後に帰ってくるのがお母さんのところ、というものが、実に多いことに気がつきました。
    実際、家にいるのはお母さんって場合が多いのでしょうが、そういう物理的理由でなく、母として、心の面で、子どもたちが、帰って安心できる存在でありたいなと思いました。

    娘は、この絵本をとても気に入っています。
    家でプール遊びをするのですが、プールのおもちゃで、タコがあるのですが、たこらす、と呼んで喜び、「ぼくは ちびだこ・・・」と歌っています。
    また、粘土遊びをした時、私がタコを作って、たこらすだよと見せると、とても喜んで、何匹もたこらすを作らされました。

    ところで、鈍感な私は、最初、この絵が刺繍だと気づかなかったのです。刺繍だと分かって改めて眺めると、すごいな、きれいだなと、感心するばかりでした。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 刺繍画

    海の中をちびだこのたこらすが探険するお話です。

    ちょっといたずらっ子なたこらすの可愛らしい姿が描かれていて、ほのぼのとしていました。
    たこらすの歌も良いなぁと思いました。

    特に素敵なのが、刺繍画で描かれている点です。
    細部まで見て楽しめる絵本だと思います。

    夏の季節にオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのといまきみちさんの作品だったのでこの絵本を選びました。細かい部分もすべて刺繍で表現されていたのに感動しました。主人公の表情が刻々と変化する様子も愛らしくて良かったです。海の中を心のままに優雅に愉快に散歩する主人公がとても幸せそうでうっとりしました。海の中に潜ってみたくなる絵本です。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット