ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

空のひしゃく 北斗七星」 みんなの声

空のひしゃく 北斗七星 作:E.C.クラップ
絵:R.R.クラップ
訳:藤田 千枝
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1993年
ISBN:9784001162004
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「空のひしゃく 北斗七星」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 星の不思議がわかる本

    9歳の娘に読みましたが
    かなり難しかったようです。
    でも、私は楽しかった(*^_^*)
    昔から天体は好きなのです。
    こんなに大人の鑑賞に耐えうる天体の絵本があるとは知りませんでした。

    北斗七星と北極星を中心に
    地球の極の話や、自転・公転の話も出てきます。
    絵も緻密で
    子供に戻ったように目を輝かせて読んでしまいました。

    どちらかというと中高生向きかもしれません。
    でも、星好きにはたまらないツボを刺激される一冊です。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目からウロコ

    自分が絵本を探す上でとても大切なことが三つあります。

    一つは子どもたちとの対話。子どもたちがどう反応してくれるか、子どもたちにどう伝えるか、一番むずかしい事です。
    一つは自分自身との対話。子どもにかこつけて結構楽しんでいる自分。自分が子どもだった頃、自分が父親見習だった頃(進行中)を思い出したり、絵本の中にいろいろな物を見つけては自分を再確認したりしてます。
    もう一つは自分自身の学び。絵本を通して自分自身が学ぶことはとても多いと思います。

    そして今回の「空のひしゃく」は、長年苦手だった天文知識をこっそり学んでしまえる絵本でした。

    北斗七星、北極星…、多少は知っているけど、突っ込まれたらたじろいでしまう宇宙の仕組み、地球の自転と公転、北極南極の話から始まって、地球と宇宙の仕組みの入門を見事に絵本として説明してくれています。

    自分の得意分野にはまれば強気な私も今回は控えめ。
    何度も読み返してから、息子に本を渡してみました。

    詳しい人には物足りないかもしれませんが、子どもに知識を伝える技も詰まっている絵本です。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット