だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

もぐらくんとふゆ」 みんなの声

もぐらくんとふゆ 作:ハナ・ドスコチロヴァー
絵:ズデネック・ミレル カテリーナ・ミレル
訳:木村 有子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2009/09
ISBN:9784032100808
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,449
みんなの声 総数 3
「もぐらくんとふゆ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいサイズのミニブック

    この絵本はミニサイズの絵本で絵もとってもかわいかったです。このお話はまだ冬にならないのを雲に頼んであたり一面雪景色にしてもらうお話でした。雲に水をあげたらどんどん大きくなって雪がたくさん降ったのを見て「いいな〜!!」って言いながら楽しそうに見ていました。

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名脇役

    雪と思ったら、霜だった。
    なんともガッカリですよね。

    でも、めげないもぐらくんは、
    雲に直談判の末、雪を降らせてもらうことに成功☆
    そりを走らせて遊びます。
    そして、おきまりのようにスピードの出しすぎで、
    ドッシーン☆☆

    絵本らしい絵本と思いますが、個人的には
    あまり印象に残らない感じでした。

    印象に残ってるのは、横で一緒にそりを楽しむ虫の姿かな?
    これは、けっこう可愛かったです♪

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬らしい1冊

    チェコのカワイイキャラクター、もぐらくんの絵本です。本に出てくるキャラクターがそれぞれとてもカワイイです。
    短いお話なので、1歳の息子も飽きずに聞いてくれます。チェコの作家さんの世界観に触れられる素敵な1冊で、ママもほんわかやさしい気持ちになれます。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ころころパンダ / もっと!ほんとのおおきさ動物園

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット