くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ゴーゴー もるもくん」 みんなの声

ゴーゴー もるもくん 作:斉藤 洋
絵:江田 ななえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784034393604
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,855
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議でおもしろいお話

    もるもくんというモルモットかな。

    もるもくんが頭の上をはねると、みんなもるもくんな気持ちになります。

    ところで?「もるもなきぶん」って何?と思いますよね。

    みんなで踊りたくなる気分らしいです。

    斉藤洋さんらしい、おもしろいお話です

    短いので、児童書ですがあっという間に読めました。

    私としては本屋のお姉さんとおまわりさんの意外な展開に驚きました。

    もるもくんの力というのはすごいみたいですね。

    でも、もるもくんはどこからやってきてどこへ帰って行くのでしょう。

    「ふしぎなもるもくん」というのもあるようで、そちらの方にはこの不思議な力の秘密があるのかしら?

    何だかとても不思議なお話でした。
    町の中が明るく楽しいことでいっぱいになりそうです。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界197の国と11の地域を紹介!開いて楽しいイラスト地図

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット