もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おばけのばむけ」 みんなの声

おばけのばむけ 作・絵:佐々木 マキ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784774611297
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,136
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おばけのまち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    いつの間にかおばけのまちに迷い込んでしまった人間の女の子きのこちゃん。
    いろいろなおばけが出ますよ。
    おばけの買い物を見ていてもくものす等!やっぱりおばけはおばけで人間とは違うんだなーと思いました(笑)。
    食べ物にしても…。
    きのこちゃんは帰れるのでしょうか?

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろかったです

    おばけがきゅうに出てきてびっくりしました。

    きのこがいつまにかおばけのせかいに行ったのでびっくりしました。

    きのこという名まえが、ささきまきのお話にはよく出てくると思いました。

    さいごはよかったです。

    おもしろかったです。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばけの世界

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    きのこちゃんとおばけのばむけの不思議な交流を描いています。自分もきのこちゃんと一緒に不思議な世界に迷い込んだ気になってきます。
    おばけのお買い物ですが、買うものが蜘蛛の巣だったり、ホネだったり、おもしろいです。うちの娘はこういうのが好きで、自分のおばけごっこ(?)でも毒キノコなど変なものを買ったりしています。
    現実なのか夢なのかわからないまま、余韻を残して終わる感じが好きです。子どもも、本当にこういうことあるのかもって思える気がします。

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおばけだから安心です♪

    突然おばけの世界に迷い込んでしまった主人公のきのこちゃん。
    でも、こわがるというより、楽しんでいる感じがあって、安心して
    読むことができました。
    おばけの世界にも、親子関係があって、そこがおもしろかった
    です!!
    かわいらしいおばけがたくさん登場するので、こまかいところの
    絵も楽しんでほしい絵本です。

    掲載日:2015/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんてこおばけがいっぱい

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    へんてこりんなおばけがたくさん出てきて,楽しく読めました.佐々木マキさんの「おばけがぞろぞろ」が大好きな3歳の息子は,この本も愉快なおばけがいっぱいでとても気に入ったらしく,続けて何度も読みました.5歳の長男は,お店の名前が気になったようで,すべての店の名前を「これなんて書いてある?」と都度たずねてきました.”おそろ歯科”には笑いました.
    こんなおばけなら友だちになりたいなと思える絵本でした.

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普通、こんな変な生き物を目の前にしたら、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    悲鳴の一つでもあげてしまいそうなものですが、この女の子は違うのですね。おばけの町のお店の名前がなかなかよく考えられていて素晴らしいなと思いました。お父さんは彼女の話を本気にしていたのかな。冗談と思っていたかもね。笑

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークな世界

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    なんとなく恐いオチがあるんだろうと
    おもって読み進めていたら
    普通に家に帰り、おとうさんに話ながら帰る主人公。
    ちょっと拍子抜けでした。
    題名がおばけなのにー。

    おばけのばむけはユーモラスな顔で
    確かに怖くないのです。
    お話もちっとも怖くなく、
    不気味さもないのです。
    佐々木マキさんの軽妙な絵は好きですが
    期待しすぎたかなと思います。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お化けの世界

    人間とお化けの世界の境がはっきりしてなくて

    気づいたら、おばけの世界、気づいたら元の世界、

    と変わっていくところがおもしろいと思いました。

    おばけのなまえもばむけというヘンテコな名前。

    いかにもおばけって感じでよかったです。

    全く怖くなく、新しいトモダチができた、

    そんな感じのお話でした。

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの国へ

    このお話は、大切な扇子を失くしてしまったきのこちゃんという女の子が裏路地を通ってお化けの国へ行ったお話でした。そこで、おつかい途中のお化けの子と出会っていろいろなお話をしていました。このお話のおばけはかわいくってうちの子は気に入っていました。

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいころに読みたい絵本

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳

    佐々木マキさんの絵本が好きで手にとりました。

    不思議なおばけの町の様子がすごく楽しいです。こんな世界があるかもしれない?!と思っていた子供のころに読みたかったな〜と思いました。想像力が豊かになりそうな絵本です。

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット