十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

リトル・ポーラ・ベア ぼくのだいすき」 みんなの声

リトル・ポーラ・ベア ぼくのだいすき 作・絵:ハンス・デ・ビア
出版社:ノルドズッド・ジャパン
本体価格:\480+税
発行日:2002年1月
ISBN:9784901492171
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,794
みんなの声 総数 2
「リトル・ポーラ・ベア ぼくのだいすき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 個性

    • アイ☆ユーさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    本のサイズが小さいので自分で手に取りやすい
    ように、と内容は意識せずに買ったのですが、
    可愛い動物達の個性が嫌味なく描かれていました。

    得意・不得意も一つの個性として、自然に感じて
    受け入れるきっかけになってくれたらいいと
    思います。


    「地球温暖化で北極の氷が溶け、白熊が絶滅の危機」
    というニュースをよく耳にします。この絵本で
    娘が白熊を覚えたので「お部屋を出る時には電気を
    消そうね。ラルスのおうちがなくなっちゃうよ。」
    と言い続けていたら、いつのまにか点けっぱなしは
    なくなりました。

    内容とは直接関係がなくても、生活を向上させる
    きっかけを作ってくれるのが絵本のいいところだと
    思います。

    掲載日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなともだちがいる。

    しろくまラルスの続きの話。
    今度は友達の紹介の巻。うさぎにはうさぎの、うみかもめにはかもめの上手な遊びがある。それはその動物としての習性みたいなものなんだけど、作者のハンス氏は、そういう所を上手に描いてくれていると、思います。
    ラルスは、彼らの特技を尊重しているのか、いないのか、これをやる時は、この子と遊ぶのが楽しい。これをするのはこの子が一番上手。みたいに友達を紹介してます。
    1人1人の個性を受け入れられる。こういう考え方が、うちの子たちにも育って欲しいなぁと思います。

    掲載日:2003/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット