雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

絵の中のぼくの村」 みんなの声

絵の中のぼくの村 作・絵:田島 征三
出版社:くもん出版
本体価格:\1,262+税
発行日:1992年08月
ISBN:9784875767312
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 田島兄弟の原風景

    田島征三、田島征彦の絵本が好きな人には必読書のようなお薦め本です。
    双子の弟の征三さんが少年時代を過ごした四国の生活を語っているのですが、征三さんの絵本の原風景を見ることができます。
    劣等生で悪ガキで、虐げられた生活の中で野性的に過ごした田園風景。
    誇張されているところは差し引くとしても、野山で過ごした信じられないような生活が、征三さんの絵本で活かされていることを知りました。
    兄でありながら弟に主導権を取られていた形の征彦さん。
    後書きで登場していますが、この話が二人に共通した原風景なのだと感じました。
    人の苦労話を娯楽的に読んではいけないのかもしれませんが、とにかく読んでいてハラハラドキドキ、楽しめます。
    二人は本当に仲が良くて、いつも一緒だったのですね。
    文中に挿絵や写真が出てきます。
    写真に写った兄弟は、征三さんをしてどちらが自分か解らないとのことです。
    表紙となった絵は印象的。
    原風景の中でお母さんの存在感が、風景と同化して描かれています。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞


主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット