すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

しろいくに」 みんなの声

しろいくに 作:田島 征三
絵:村田 清司
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1991年10月
ISBN:9784033311609
評価スコア 4
評価ランキング 22,678
みんなの声 総数 1
「しろいくに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵から引き出した物語

    この絵本の作られた経緯を知ると、この作品に込められた思いと素晴らしさが膨らんできます。
    施設で働くダウン症の村田清司さんが描く絵は評判で、描いたハガキは売れ行き好調。
    その絵を画集にしようと思った施設でしたが、思い通りには実現しそうにない。
    そんな時、この施設と縁をもった田島征三さんと絵本にまとめる話になったのだと言います。

    この絵本は村田さんの絵の素晴らしさと、田島さんの思いやりが結実した作品です。
    一点一点の絵はつながりを持ってはいないのですが、話すことが得意ではない村田さんのメッセージがあふれているのです。
    それを構成して一つの物語にした田島さん。
    この話は田島さんの創作というよりも、村田さんの絵から溢れ出てくるイメージをつなぎ合わせてまとめた作品です。

    白い国が色づいていくところ、いろいろな人々が登場するところ、お母さん友だち仲間の動物たち…、村田さんの望んでいる世界が広がります。
    最後の方に村田さんが出したハガキが届きます。
    言葉としては読めないけれど、何が書いてあるかは感じることができました。
    心で読む絵本だと思います。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット