ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

星はうつり雲は流れても 戦時下の東南海大地震秘話」 みんなの声

星はうつり雲は流れても 戦時下の東南海大地震秘話 作:山下 文男
絵:遠藤 てるよ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,408+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784494018154
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「星はうつり雲は流れても 戦時下の東南海大地震秘話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争体験に自分を重ねて

    小学校高学年向けだというノンフィクション。息子が選んだ1冊です。
    戦争の悲惨さというと、広島、長崎であったり東京であったり、扱われる場所がある程度限定されるように思うのですが、戦時下の東海地方を題材にしているところからして自分にとっても初めて知る事ばかりでした。

    中学になる少女たちは、動員という名のもとに中島飛行機の工場で飛行機作りを仕事とすることになります。それも「国のため」という信念で厳しい生活を乗り越えていきます。

    働いている時に起こった東南海大地震。軍需のため多くの鉄骨を抜いた工場の倒壊で多くの犠牲者が出ます。
    そして、その後の空襲。
    戦時中という状況の中で、事実は機密事項とされ封印されて終戦をむかえる。

    自分と同じ年齢、これから向かう青春にこの事実を重ねると痛々しい思いになるようです。何事も受け入れるしかなかった当時。
    このことを理解するのは難しそうですが。

    私も「戦争をしらない子供たち」の一人ですが、いかに歴史を伝えるかということに心を痛めます。
    この本に扱われた中島飛行機。
    戦時中のこのような犠牲を持ちながら、戦後の日本を支える大企業となっています。

    ノンフィクションは、書かれていることをまずは読んで、仮想体験してみることから始まると思います。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット