うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

おそうじやさん はじめます」 みんなの声

おそうじやさん はじめます 作:つかはらみさ
絵:石塚しづか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2009年06月
評価スコア 3.92
評価ランキング 28,582
みんなの声 総数 12
「おそうじやさん はじめます」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おそうじやさんを始めようと思ったアリクイさん。
    仲間を募集する張り紙を見て動物たちがやってきます。

    そこにやってくるねこのキャラクターがいいです!何とも憎めず、親子で大好きです(笑) 

    お話自体もとてもよく出来ていると思います。オススメです。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリクイがお掃除好きで 「おそうじやさん  はじめます  いっしょにはたらいてくれるひと  ぼしゅうちゅう」

    お話しの発想が現実的ですね。  人間の世界でも現に有るんです

    おそうじやさんは プロですからすごいわざを磨いていますね

    このお話しでもテナガザルの窓ふきなんか ピッタリですね

    ハムスターも おもしろい特技がが生かされている

    ここでは ネコが得意なことは
    お掃除ではないのが分かります(何をしたらいいか分からないのですね)

    ネコはちょっと落ち込んでいるみたい  でもネコの得意なことが生かされるというのはいいですね

    人それぞれに 得意なことがあるし それがうまくいかせられたらいいですね

    おそうじやさん 忙しくなりそうですね

    私は 母の所へ行くといつもお掃除やせんたくをして大忙しです
    おそうじやさんになってます(お仕事ではないのですが、母から感謝されて、お小遣いもらうのですよ、余談ですが・・・)

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • まねきねこ(笑)

    掃除屋さんを始めたいと思ったありくいさん。あらいぐまさんやてながざるさん、ハムスターさんが集まって、ねこさんの力を借りて猫の手を借りたいほどのお掃除屋さんになっていくお話です。
    が、途中。ねこさんがくる場面。
    やせたねこという表現に、「あきれていいました」というありくいさんの言葉、職を断られ肩を落として帰って行く姿、ボサボサの毛…ハッピーエンドではあるんですがちょっと途中が切なすぎるかな…
    読んでいて胸が締め付けられる思いでした。考えすぎ?
    でも…

    掲載日:2012/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちにも来て欲しい

    2歳の次女に読みました。ありくいさんがお掃除やさんを始めるお話です。アライグマやハムスターは、ありくいさんにお掃除の腕を認められますが、ネコさんは認められず・・・。でも、そんなネコさんにも得意なことが。ネコさんがどうなるか心配でしたが、みんな得意分野で能力発揮して、うまくいって良かったです。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掃除には向かないけれど・・・

    お掃除の得意なアリクイさん。
    自分ちだけではもったいないと、お掃除屋さんを始めます。
    そして、一緒に働く仲間を募集。
    次々と仲間に加わるお掃除好きなどうぶつ達。
    ネコだけは、掃除に不向きと不採用。。。
    でもネコは、後日、
    意外な形でこのお掃除屋さんのメンバーとして活躍することに!!

    仕事をする上で、向き不向きって、絶対にあります。
    それは、どうしても仕方がないこと。
    でも、違う形でなら、やる気と一生懸命さがあるなら、
    不要な人材なんていないのかも?
    誰かの為に 自分ができることを見つけること。
    それが、必要とされることの第一歩なのかなって思いました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物のおそうじやさん

    お掃除が得意なアリクイさんは一緒におそうじやさんをしてくれる仲間を募集します。
    集まってきたのはぞうきんを洗うのが得意なアライグマさんや窓拭きが得意なテナガザルさん、狭いところの掃除が得意なハムスターさん。
    最後にやってきたやせたネコさんは・・・・。
    みんな得意な分野が違っていて、それを活かしているのがいいです。
    得意なことをしているときの生き生きとした姿に気づいてくれるといいな。

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 営業ですね

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子1歳

    お掃除好きなアリクイさんは、もっといろんなところをキレイにしたい!と、
    お掃除やさんをはじめることにします。
    アライグマさんは、ぞうきんを洗うのが得意、
    テナガザルさんは高いところの窓も器用に拭けるし
    ハムスターさんは狭いところのお掃除にピッタリです。
    でも、ねこさんだけは、何をやってもパッとしなくて
    どんくさいというかなんというか^^;

    アリクイさんは「向いてないんじゃないでしょうか」と
    ねこさんを雇わなかったのですが
    なんと、ねこさんはちらしを配って、お掃除やさんの宣伝をすることにかけては
    右に出るものがいないくらい得意だったのです!

    これって、現実の仕事で言うと、営業ってことですよね。
    長男に「こうやって、どんなにいい物かを説明して、
    仕事を取ってくるのって、難しいけど大事なことで、すごいねんで!」
    と、必要以上に力説しちゃいました。
    なぜなら、私の仕事も営業だから(笑)

    人それぞれに、得手不得手があって、
    それぞれの持ち味を活かして仕事をしてる・・・
    いずれ成長して、社会に出る息子たちにも、自分に合った仕事を見つけてもらいたいな。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 得意なこと探し

    動物の“おそうじやさん”
    いろいろな動物がそれぞれの特性を活かして、それぞれ担当の仕事を負かされます。
    ぞうきんの洗い方が見事なアライグマさん。
    高いところが得意なテナガザルさん。
    狭いところ担当のハムスターさん。
    でも、きれいずきのネコさんは何をやってもうまくいかず、雇ってもらえませんでした。
    あぁーーーかわいそう、、と思って読んでいると、ネコさんだって得意の分野はありました。無事「おそうじやさん」に仲間いり。

    「みんなそれぞれ得意不得意は違うんだよ。いい所を見つけてあげようね。」と息子に伝えてあげたいです。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。単純化して描かれているのが良かったです。様々な動物の持つ独特の体のラインをとても上手に表現しているのが良いと思いました。自分のやってみたい事を仲間と一緒にやる喜びを感じられる絵本でした。主人公が心が広いのも素晴らしいと思いました。誰にも取柄はあってそれを生かしてこそ仕事は上手くいくのだと思いました。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちにも来てほしい

    人間でなくて動物たちが始めたおそうじやさんということで、うまくいくのかな?なんて思っていると、それぞれの特性を活かしているというのがおもしろかったです。

    ただ、ねこだけは役に立ちそうになくて大丈夫かなと思いました。

    絵もお話にマッチしていていいなあと思いました。

    読み聞かせをしたあとは息子は一人で何度か読んでいました。

    おそうじが苦手な私。うちにもおそうじやさんに来てほしいなあと思いました。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット