雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

こうえんのかみさま」 みんなの声

こうえんのかみさま 作・絵:すぎはら ともこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年08月
ISBN:9784198627881
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,405
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 会ってみたいな〜

    このお話は、男の子たちのグループの仲間に入れてほしい女のおこのまあちゃんが仲間に入れてもらうために虫取りをしていたら、公園の神様「こうえんさま」を捕まえたお話でした。こうえんさまは公園の秩序を守り、虫たちを意のままに操れます。うちの子はそれを見て「僕もこうえんさまに会ってみたいな〜!」って言って羨ましがっていました。

    掲載日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白いこうえんさま

    5歳次女に読みました。まあちゃんがけんちゃんに遊びにいれてもらおうと、虫取りをしているとトンボが!トンボを捕まえてみるとちいさいおじさんも入っていて。そして実はそのトンボはこうえんさまの飛行機だったのです。

    こうえんのかみさまというタイトルから、とっても素敵なおじいさんを思っていたのですが、何だか笑えちゃうおじいさんです。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいかみさま♪

    公園には、「こうえんさま」という神様がいる
    みたいなんです!!
    そのこうえんさまのお顔がとってもおもしろくて、
    すっかりはまってしまいました!!
    ドジキャラなところも、笑えます♪
    すぐにつかまってしまうところも・・・!!
    かなり笑える絵本で、一日に何回も読んでいました。
    とってもおすすめの1冊です♪
    こんな、神様に会いたいなー☆

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いるいる!

    いますよ、公園の神様!絶対。
    だって、通り過ぎるとすぐ「ねぇ、公園行きたい」ってすぐ言うんだもん。
    急いでるときには公園を見ないルートで帰ります。
    ちょっぴり情けない弱虫神様、我が子もきっと大歓迎するから現れて欲しいなあ、と思う楽しい本でした☆

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見守られて遊んでいる

    ある日、まぁちゃんは、公園で不思議なものを捕まえました。小さなおじさんで、トンボの飛行機に乗っています。おじさんは、「こうえんさま」といって・・・


    公園の安全を守る「こうえんさま」は、物語の存在でしょうが、子供をみんなで見守る地域の目はありますよね。

    子供や親にとって、怖いニュースが多い世の中ですが、「こうえんさま」のように、大人が子供達を見守っていけたらいいなと思いました。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの。

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    図書館でも大人気なようで、予約がものすごく入っていました。

    「まってー、まぁも つれてってよー」。
    どうしてけんちゃんがまぁと一緒に遊ぼうとしないのか?疑問を持ったようです。
    小学生になり、同級生と遊ぶようになれば長男もそうなってしまうのかな・・・
    弟や妹と、これからも仲良く遊んでやって欲しいです。

    けんちゃんと遊びたくて、頑張って虫捕りするまぁ。
    その様子がツボにはまったようで、子供はゲラゲラ笑っていました。
    まぁは一生懸命だというのにね。

    こうえんさまの乗り物や、何故こうえんさまが泣いているのか尋ねられました。
    虫や鳥たちを呼び寄せる笛の説明も要りました。
    目尻の涙も「これ、なに?」。

    ほのぼのした絵が良かったです。
    でも、子供の周りのひらがなが少し読みにくかったなー。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣き虫かみさま

     けんちゃんにあこがれる元気いっぱいのまあちゃん。
     こうえんのかみさまに、初めて会ってもものおじしないところが、おもしろかったです。くるくる変わる表情が、とてもかわいいです。かみさまの泣き顔も、ちょっとおかしくて笑ってしまいました。

     こうえんのかみさまは、虫や鳥たちと仲がいいけれど、元気な子どもたちもだいすきなんだろうなと、ほほえましくなりました。

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • わし、すごいんじゃぞ!!

    トンボと思ったら・・・。
    なんと「こうえんさま」だって!!

    この神様、泣き虫で、威厳もなにもない。
    でも、ホンとは凄い力を持ってるんだけど☆

    この「こうえんさま」、きっと子どもにしか
    見えないんだろうな〜。
    そして、実はわざと捕まってるんじゃないかと・・・。
    そうやって、自分の存在と力をアピール?!

    夢があって、いいお話です。
    娘は、「こうえんさま」の力を借りて、不思議な
    光景を目の当たりにした男の子の驚きの表情が
    気に入ったようでした☆
    (エッヘン、すごいでしょ〜☆って感じ??)

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間くさい神様

    公園の神様って...なんか、妖精のようなものを想像しました。
    が、実際は、なんだか、おかしなおじさんで、その名も「こうえんさま」。そして、こうえんさまをつかまえた女の子まあも、たいしてこうえんさまを大切にもしない様子が、これまた実に現代風ね、という感じ。絵も漫画チックで、でもすっきりとしてていい感じ。想像していた神秘的な存在ではなかったけれど、ちょっとどじで、人間くさいおじさんの「こうえんさま」は、それはそれで愛嬌があっていい感じ。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こうえんさまがいる公園を残していきたい

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    なんといっても、ほのぼのとした絵に魅かれてしまいます。子どもたちの表情や動きもしっかりと観察されて描かれています。見返しの公園の地図を見ているだけで、楽しくなってきます。

    おとなりのけんちゃんが大好きで、一緒に遊んでもらいたいがために、公園に虫取りに行く女の子のまあは、かつての作者の姿なのかもしれません。だから、まあの気もちがよくわかるのでしょう。

    公園で遊んでいる子どもたちは、実はこうえんさまに見守られているのかもしれません。だから、子どもも安心して遊べるのです。そんな神さまが住んでいる自然の中の公園を残していかなければなりませんね。

    掲載日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット