ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ホットケーキできあがり!」 みんなの声

ホットケーキできあがり! 作:エリック・カール
訳:アーサー・ビナード
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784033481807
評価スコア 4.74
評価ランキング 834
みんなの声 総数 38
「ホットケーキできあがり!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ナットクのスローフード

    ホットケーキを作るためにジャックは大変苦労します。
    なにせ台所にありそうな材料で作る簡単レシピではなく、畑の小麦を収穫して小麦粉を作るところから始まるチョースローフード。
    腐らずにお母さんの注文に従うジャックもリッパですが、知らずうちにホットケーキの素材が学習出来ました。
    手作りのホットケーキ。
    見ている私も食べたくなるほど美味しそうです。

    掲載日:2013/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 苦労あっての、満足

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    いやいや、こりゃ大変だ・・・

    でも、これって大切なメッセージでは!?
    と、気付かせてくれます

    今は、なんでもお金を出せば手に入ります
    それは幸せなことのようですが
    本当にそうなの???

    あまりにも物が溢れ
    大切なものが置き去りになってはいませんか?

    食べることひとつとっても
    こんなに手がかかるのです
    文句も言わず
    くさることなく
    ジャックは
    最後まで、一生懸命準備するから
    本当に美味しそうです

    いろいろな自然や人との関わりもあり

    この『過程』が何事にも必要だと思います
    と、こどもが大好きなホットケーキを題材に
    いろいろ考えさせてくれる絵本でした

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    この本はエリックカール作品の中でも私のお気に入りです。ただ単に冷蔵庫から材料を取ってくるのではなく、卵も鶏から直接取ってきて、小麦粉も脱穀の作業をするのです。そこが食を理解する上で子供にとってはとても大切なことだと思うからです。食べ物ひとつにしてもいろんな過程があって出来ている事を理解できれば、その有り難味も伝わると思います。エリックさんの絵も素晴らしい作品です。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • エリックさん

    エリック・カールさんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。切り絵で表現されているのが味があって素敵だと思いました。ホットケーキを食べる為には何が必要なのかを自然と学べるのが良いと思いました。主人公の御母さんが主人公に食べる事の大切さをしっかりと経験を伴う形で教える所が素晴らしいと思いました。苦労して準備した材料で作ったホットケーキは格別な美味しさだと思いました。ホットケーキの美味しい香りが漂ってくる絵本でした。ホットケーキの焼き色も素晴らしかったです。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しみながら

    ホットケーキが食べたい、と思ったジャック。お母さんに伝えると……!
    便利な今、簡単に食べられるホットケーキ。
    どういうふうにそれぞれの材料が自分の口にはいるのか、小さな子どもから自然と知ることができるよう、わかりやす描かれています。
    なんといっても、エリック・カールの色鮮やかな絵がすばらしく、楽しみながら、学べる絵本だと思います。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶品ホットケーキの絶品絵本

    ホットケーキ食べたいな、となったなら。おうちにある材料で、なければお店で買ってきて。いえいえ、小麦を刈り取るとこからはじめましょ。
    実に明確に分かりやすく、食べ物がどうやって食卓にのぼるのかおしえてくれる絵本。
    エリックカールの絵はもちろん絶品。どうしてこのタッチでふわふわのホットケーキが描けるのか!?訳文もリズムがよくて素敵だけど、原作と2冊そろえて本棚に飾りたい!

    掲載日:2015/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮です。

    • ラテ子さん
    • 20代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子4歳、女の子3歳

    ジャックが朝起きて「でっかいホットケーキがたべたいなぁ」とお母さんにお話するところからストーリーが始まります。

    我が家の娘は、ホットケーキミックスで簡単に作るホットケーキしか食べた事はありません。

    しかし、ジャックのお母さんは「こむぎをいっぱいかりとるのよ」と始まり、バターまで自分で作ったり、ホットケーキを作る材料の調達まで全てが、事細かに描かれていて、勉強になる事がたくさん詰まった絵本です。

    便利な時代で、物もすぐ手に入るようになった現代社会には、こういう絵本がとても大切だと思いました。

    娘も「ホットケーキ作るの大変だねぇ」と興味津々で見ていました。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでも簡単に手に入り、あたりまえに食べられる時代、大切なことを教えてくれる絵本でした。ホットケーキを食べたくなったジャックが小麦を刈り取るところからお話は始まります。でも小麦を育てるところからと考えたらも〜とも〜と大変ですよね。文句ひとつ言わずにやり遂げたジャックの達成感が伝わってきてホットケーキが食べたくなりました。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに食育、感謝の心を育む本

    図書館から借りてきて、3歳と8歳の娘たちと読みました。
    読んだ私の感想としては、まさに食育、感謝の心を育む本!

    娘たちは、小麦粉ができるまでの過程や、
    バターは牛乳からできていることを初めて知った!と言っていました。
    小麦粉を水車で挽いたりするのなんて、普段見ることなんてありませんもんね。
    私自身も、昔々絵本で水車を知り、小麦を挽いたりできると知ったように思います。
    ホットケーキができるまでにこんなに色々な工程があり、
    人と動物、そして自然の恩恵がなければ私たちの口に食べ物は入ってこないのだということを気付かせてくれました。
    私自身、日々の食事にもっと感謝しなくてはいけないと思いました。

    エリック・カールさん独特の色彩も美しく、娘たちもとても気に入っていました。

    なんでも簡単に手に入る今だからこそ、是非読んで欲しいです。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • イチから作るホットケーキは大変!

    ホットケーキが食べたい男の子が、ママの手伝いをして作ります。

    が!

    変わっているのは材料をイチから手に入れること。

    まずは小麦を刈って、粉にして、、、鶏の卵を探しに行き、乳搾りに行き、火を作るために薪を運び、、、やっと作り始めます。

    準備する間にお腹がすきすぎてしまいそうだけど、きっと美味しく食べたと思います。

    これを読んで娘もホットケーキを食べたくなったみたいですが、料理も本当はこれだけの手間がかかっているのだから、材料を準備してくれる人たちに感謝して食べられる子に育って欲しい。だからこの絵本は最高にオススメです。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット